お金持ちになる方法を語る「世界で最も影響力のあるビジネス思想家」

(写真:アフロ)

 11月18日、Forbesに「世界で最も影響力のあるビジネス思想家10人」についての記事が掲載された。

 1位は、トロント大学ロットマン経営大学院の元学長、ロジャー・マーティン。リーダーシップの研究者である。彼の本『「頑張りすぎる人」が会社をダメにする』は、筆者が大学で学生とチームを組む際に、つねに心掛けていることにつながる。あまりに強く、またいびつなリーダーシップは、部下(筆者でいう学生)を無責任体質にしてしまい、結果として組織は壊滅するのだ。「無責任ウィルス」が蔓延する組織をつくらないためには、「責任」という言葉の意味を捉えなおす必要がある。過保護はいけない。

 この記事で筆者が取り上げたい人物がいる。それは8位にランクしている、ペンシルバニア大学ウォートンスクールのアダム・グラント教授である。彼の本『ギブアンドテイク』は、ギブする人、テイクする人、マッチを目指す人の三種類のうちで、最もビジネスで成功を収めるタイプの人間を明らかにしている。訳者である一橋大学大学院、楠木建教授は、「世の凡百のビジネス書とは一線を画す一冊だ」と述べている。

 ビジネスにおいては、他人にやさしくしていては競争を勝ち抜くことはできないといわれる。それは本当だろうか。筆者が目指す「よき社会」のためにも、ここでグラント教授の考えを、筆者の補足を入れながら取り上げておきたい。

お金持ちになる方法

 一般にギブアンドテイクとは、お互いに利益のある、持ちつ持たれつの関係のことをいうのだが、グラント教授の本は、そのような意味におけるギブアンドテイクについて述べた本ではない。人間関係以前にある、人間の基本的態度について述べた本である。

 世の中には単純に分けて、ギブする人=ギバー、テイクする人=テイカー、マッチを目指す人=マッチャーがいる。いずれの人も行為としては、誰かに何かを与える。しかし、与える目的が異なることに注目しなければならない。

 ギバーは、ただその人のために与えようとし、見返りを求めようとはしない人である。マッチャーは、自分と相手との利益・不利益のバランスを考え、帳尻を合わせようとする人である。最後にテイカーは、与えれば大きな見返りが返ってくる場合に限って、つまり自分のために与える人、いわゆるくれくれさんのことだ。ようするにギバーは相手のために与え、マッチャーは公平性という「正義」のために与え、テイカーは自分のために与えるのである。一般にいわれるギブアンドテイクは、マッチャーのそれに近いように思われる。

 さて、誰が一番お金持ちになるのか。

 ギバーである。最高にお金持ちになる人はギバーであり、他のタイプの人よりも平均して50%も収入が多い。ビジネスだけでなく大学においてもまた、最も成績がよく、また日々を謳歌している学生は、ギバーのようである。

 では、最も貧乏なのは誰か。

 ギバーである。全体としてギバーはテイカーに比べ、平均して14%も収入が低い。犯罪の被害者になるリスクは、テイカーの二倍もある。他者への影響力もまた、テイカーに比べて22%劣るようである。

 どういうことなのか。単純な話だ。お金持ちになるギバーは、テイカーには関わらない。対して貧乏になるギバーは、テイカーを受け入れてしまう。貧乏になるギバーは、自己犠牲的に振る舞ってしまうのだ。テイカーが「くれくれ」というと、自己犠牲型のギバーは「じゃあ、あげるね」と言ってしまう。お金を。ものを。時間を。大切な人生を。すなわち、生きがいを。

 恐ろしいことに、テイカーはギバーを見抜く能力が高く、そしてギバーを狙い撃ちしてくる。テイカーは、手柄を自分のものにする。頼みごとをしてくる。自分が一番目立つように写真を撮る。自分の取り分は一番大きいに決まっていると思っている。人を助けるのではなく、動かすことを目指す(つまりコントロールしたがる)。成功は自分のおかげであり、失敗はギバーのせい。これまで与えてきたギバーが何も与えなくなると、うらみ、足をひっぱることに努める。さらには、報復のためには手段を選ばず、ときに人に嘘をつくことまである。こういったときに悪い噂を流す人のほとんどは、テイカーだ。自己犠牲型のギバーは、このようなテイカーに、いつも被害を被っている。

 解決方法を伝えたい。テイカーには、できる限り関わってはならない。よって、テイカーの特徴を知っておかなければならない。

 覚えておいてほしい。テイカーは、レックする。レックとは、複数の鳥が一か所に集まり、集団で求愛する行為のことである。テイカーはこのような行動をとることが多く、例えばギバーの集まりに来て、自分をよく見せようとふるまう。またグラント教授のいうように、Facebookなどでは実物以上によく見える自分の写真を投稿しており、露出度が高く、慎み深さに欠けている。言葉も押しつけがましく、自己中心的で、傲慢だ。自分をよく見せようと、うわべだけのコネクションをつくることに躍起になる。頼みごとができるように連絡を保つのである。

 また、きれいな言葉を使っている人をそのまま信じてはならない。なぜならテイカーは、人によく思われることが自分の利益になることを知っているからだ。テイカーは手段として、ギバーの言葉を使う。しかし実際には、あなたの利益ではなく、自分の利益を考えている。どうやって人を利用するかを考え、あなたから何かを奪う機会があるかを、虎視眈々と狙っている。テイカーは「人を動かす」方法を熟知しており、テクニックとしてそれらを用いる。対してギバーはお人よしであるから、まずもって相手を信じてしまい、簡単にテイカーにやられてしまうのである。

 ギバーは、誰かのために頑張る人である。そういう「いいひと」が不幸になることに、筆者は耐えられない。しかし幸運なことに、これからの世の中においては、ギバーが幸せになる社会をつくることが必要になってきたようである。

いいひとの時代がきた

 筆者はイノベーションの研究者である。グラント教授の研究は、イノベーションを実現するにおいても、きわめて大きな意味がある。

 端的にいってイノベーションとは、社会が本当に求めるものを見出し、新たな価値を生みだして世の中を変えることである。ギバーは、あるいは自然本性における人間は、人に貢献することで自分の人生の満足を得る。イノベーションは、人に貢献したい人、人に与えることを好む人が興すのである。

 本性において人間は、いいひとが好きだ。イェール大学の乳幼児認知力研究室の研究によれば、他者の手助けをする人形と、他者の妨害をする人形の登場する二種類の人形劇を乳児に観させると、80%の乳児が「いいひと」の人形を笑顔で選択する。人間は、理性ではなく本性において、いいひとが好きなのだ。

 そうであるから、人は幸せな人と一緒にいたほうが、自分も幸せになれる。研究によると、社会的につながりのある人が幸せであることは、自己の幸福度を9%高めるようだ。他方、社会的につながりのある人が不幸せであることは、自己の幸福度を7%下げる。ようするに、自分のまわりの人が幸せか不幸せかということの間には、幸福度において16%もの差があるということだ。幸せな人間とつながりをもつほうが、幸せになれる。みんなを幸せにすることで自分も幸せになる人、ギバーと仲良くなることで、みんなで幸せになれるのだ。

 しかしグラント教授によれば、ビジネスにおいてギバーは、わずか8%。92%は「仕事では受け取る以上に与える気にはなれない」と回答している。なぜか。人は過去の経験から、テイカーに食い物にされるのではという恐れを抱いている。そのため相手の「最悪」を予想すると、自分のなかの「最悪」を引き出して対抗しようとするのだ。

 しかしマッチャーの態度は、テイカーには効果的に働くようである。他者から何かを受けたとき、お返しをしなくてはいけないという気持ちになる心理を、返報性の法則という。この法則には、好意の返報性と嫌悪の返報性があるのだが、自分を嫌っていることがわかる相手や低く評価する相手に対しては、人は嫌悪感を抱く。これをマッチャーの「正義」に当てはめてみると、テイカーへの対応策がわかる。マッチャーは、すなわちビジネスにおける大多数の人は、テイカーの有利になるようにはふるまわないように努めるのである。

 公平性を重んじる「正義」の人、マッチャーは、テイカーには報復する。よってテイカーは、マッチャーによって痛い目を見ていることが多い。したがってギバーは、テイカーに対しては表面上、マッチャーとしてふるまうべきである。しかしギバーは、もともと与えることを信条とする人だから、実際にはうまくできない。したがってギバーは、より多くのギブを生み出すために、テイカーを退けなければならないことを、意識しなければならない。テイカーがいると周りが迷惑し、ひいては共通の利益を生み出そうとしなくなるのだから。

 自分自身だけでなく、他者の利益も思いやった行為であると自らに釈明することを、関係説明という。勇気を出して、あなたが断ることで幸せになる人がいることを意識し、NOを言わなければならない。ギブのあなたのやるべきことは、テイカーの快楽の追求ではなく、より大きなギブのために貢献することである。

 最後に、筆者はテイカーをギバーにする方法についても考えている。いくらテイカーだからといって、ずっと報復を受け続けるのはかわいそうだ。みんなギバーになれば、世の中はもっと豊かになり、笑顔の絶えない社会が実現するはずである。