祝★来日!ハリウッドで最もカッコいいお仕事女子、ジョディ・フォスターってどんな人?

カンヌ映画祭の模様。相変わらずおきれいです~。(写真:REX FEATURES/アフロ)

●果敢な作品選びで知られるオスカー女優

わずか2歳で子役としてデビューした彼女が注目を集めたのは、マーティン・スコセッシ監督の『タクシー・ドライバー』。主人公のトラヴィが守ろうとする12歳の少女娼婦アイリス役です。

個人的には同じ年に出演した『ダウンタウン物語』(子供だけで作ったギャングもの)で演じたギャングの情婦役が好き。

これで13歳。すごい大人っぽさです。

ティーンを演じて絶対に外せないのは’84年の『ホテル・ニューハプシャー』で、こちらではロブ・ロウ演じる弟と近親相関の関係に陥る姉を演じ……と、ここまででもすでにその作品選びは果敢なわけですが、彼女の一番の冒険はなんといっても’88年の『告発の行方』でしょう。

子役のイメージ、そしてIQ130を超えるインテリのイメージをかなぐり捨てて体当たりで演じたのは、バーで輪姦された蓮っ葉なウェイトレス役。「レイプされるのは女が悪い」という当時の信じがたい一般論を相手に、ケリー・マクギリス(『トップガン』)演じる女性弁護士と共に裁判を戦い抜く女性で、アカデミー賞の主演女優賞を獲得しています。

そして皆さんご存知の’91年の『羊たちの沈黙』。

伝説の殺人鬼にして精神科医ハンニバル・カニバル(人食い)・レクターに導かれ、ある連続殺人事件を解決するFBIの訓練生クラリス・スターリングを演じています。自身の知性と硬質な魅力そのままに演じたこの役で、彼女は2度目のオスカー主演女優賞を受賞。女優としてのフィルモグラフィーは、この後もロバート・ゼメキスの『コンタクト』や、デヴィッド・フィンチャーの『パニックルーム』など、必見の作品ばかりです。

●レーガン大統領暗殺事件を引き起こしたストーカー事件

その彼女が「女優以外」で一躍有名になったのが’81年、当時のアメリカ大統領ロナルド・レーガンの暗殺未遂事件です。なぜかというと、この犯人、ジョン・ヒンクリーは、彼女の熱狂的なファンで、ストーカーだったんですね。

『タクシー・ドライバー』を何度も何度も繰り返し見て、彼女との妄想を膨らませていたヒンクリーは、高校卒業後にイエール大学に進学した彼女を追いかけて引っ越し、聴講生として大学に潜り込んで彼女を観察。後をつけて家を突き止め、ドアに自作の詩を書いたメモを残したり電話をかけたりするなど、彼女にストーカー行為を繰り返していました。そして彼女に注目してもらいたいがために起こしたのが、’81年のレーガン大統領暗殺未遂事件です。ヒンクリーは、襲撃事件の前に、以下のような手紙をジョディーに送りつけたといいます。

「過去7ヶ月にわたって私はあなたに対して多くの詩、手紙、愛のメッセージを送りました。そうすればあなたは私に興味を持ってくれるかも知れない、という望みは虚しいものとなりました。私たちは2度電話で話したけれど、私はあなたに厚かましく近づいて自己紹介することはありませんでした...。 私が今この計画を進めるのは、もうこれ以上、あなたに憶えてもらうことを待ってはいられないからです」

●二人の息子の出産とカミングアウト

さてもうひとつ、女優業以外で話題になったのが、’98年と’01年の出産です。彼女は父親が誰であるかを明かさないまま、体外受精で妊娠し、出産したんですね。

最初の妊娠で長男チャーリーを出産した当時、この子供の父親は誰なのか、ラッセル・クロウじゃないかメル・ギブソンじゃないか、それとも結婚できる相手じゃなったんじゃないか、そもそも結婚せずに子供が欲しかったので、10年来の交際のあるゲイのキャスティング・ディレクターに精子提供を頼んだのだとか、様々な噂が浮上しましたが、ジョディはそうした騒動を完全に黙殺。そして3年後にはさらにもうひとり、こちらも体外受精で妊娠し出産します。

体外受精はもちろん成功することばかりじゃありませんから、何度かトライしているのだろうことを考えると、36歳で最初の出産、二度目が39歳というのは、絶妙すぎるタイミングです。2013年のゴールデングローブ賞で顔を見せた二人の息子はそっくりですから、父親はおそらく同じ人物で、おそらく「これぞと思った相手に精子提供を依頼し、父親のいない子供を二人作る」という計画にそったものじゃないかと思うのですが――こんなことをした理由は、彼女が同性愛者であることと無関係ではないと思います。

その性的嗜好について公に言及したのは、息子たちをお披露目した、まさにその2013年のゴールデングローブ賞でのスピーチ。「“カミングアウトの一大スピーチ”ってわけじゃないけど、失望するほどのことじゃないわ。だって私はずっと昔から、それこそ石器時代からカミングアウトしてたんだから」とジョディは笑顔で堂々としていて、カッコいい女性のお手本みたい。そのスピーチがこちら。

●女優から監督へ、そして新作『マネー・モンスター』

さて女優としても素晴らしく、私生活も充実した彼女、’88年にテレビシリーズの1本で監督デビューし、’91年には『リトルマン・テイト』で映画監督としてもデビューしています(想像するに大人の女性になかなか主演が回ってこないハリウッドで、まだ女優として主演が張れるうちに次の展開の布石を打っておくという、すごく冷静で地道で計画的なキャリアメイクだと思います)。

映画の合間には話題のドラマ「オレンジ・イズ・ニューブラック」や「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の単発エピソードなどで腕を磨き、今回の来日は満を持して5年ぶりの新作映画が『マネー・モンスター』です。

画像

実はこれまでの作品、個人的には「“女優の余技”を越えていないな」と感じていたのですが、今回の作品は「金融業界の腐敗」「マスコミの軽薄さ」「富者の傲慢と貧者の暴発」という現代的なテーマを軸に、スリルとアクションがあり、シリアスなドラマに時折笑いもさしはさみ、苦さと希望を同時に感じさせるラストもなかなかのもの。ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツ(『オーシャンズ11』では強盗とその妻でしたね)という大スターががっぷり組んだ演技も見ごたえある作品になっています。