雅子対雅子の闘い 再び…森友改ざんめぐり新たに提訴

原告 赤木雅子 被告代表者 三好雅子(画像加工・池田由利子氏)

「夫を失った一人の女性」対「オール国家権力」の闘い

 森友学園への国有地値引きをめぐる公文書の改ざんを命じられ、その後、命を絶った、財務省近畿財務局の上席国有財産管理官、赤木俊夫さん(享年54)。その妻、雅子さん(49)が今年3月、国などを相手に起こした裁判が、いよいよ7月15日に始まる。

亡くなった赤木俊夫さん(妻・雅子さん提供)
亡くなった赤木俊夫さん(妻・雅子さん提供)

 この裁判の原告は、もちろん赤木雅子さん。訴えられた被告は国と佐川宣寿元財務省理財局長なのだが、国が被告となる場合、必ずその代表者として時の法務大臣の名前を記すことになっている。訴状に書いてある今の法務大臣の名は「三好雅子」。それを見ながら私は赤木雅子さんに話しかけた。「雅子対雅子ですね」

 赤木雅子さんは「えっ」と驚いて尋ねた。「法務大臣は森まさこさんじゃないんですか? 名前はひらがなですよね」

 確かに法務大臣は「森まさこ」さん。だがこれは政治家が使う、いわゆる通称だ。法律上の文書には戸籍上の本名を使う。だから訴状には本名の「三好雅子」さんの名が書いてある。

 「でも、前の訴状には森まさこって書いてありましたよ?」と、さらに尋ねる雅子さん。雅子さんは提訴の2か月ほど前に弁護士を変えている。前の弁護士が用意した訴状の素案には確かに「森まさこ」と書いてある。本名を調べていなかったのだろうか? そこはよくわからない。だがこの裁判は間違いなく「雅子対雅子」の闘いだ。

 もちろん法務大臣が自ら法廷に立つわけではない。国が被告の裁判で国の代理人を務めるのは「訟務検事」で、実際に検事が務めることが多い。つまりこの裁判は「夫を失った一人の女性」対「国・財務省・検察のオール国家権力」の闘いなのだ。

雅子対雅子の裁判 再び提訴

 そしてきょう6日、「雅子対雅子」の裁判が再び火蓋を切った。赤木雅子さんが国を相手に新たに提訴したのだ。近畿財務局が情報開示の決定をしないのは違法だとして開示決定を求める裁判である。

雨と強風の中、提訴のため大阪地裁に向かう弁護団(撮影・相澤冬樹)
雨と強風の中、提訴のため大阪地裁に向かう弁護団(撮影・相澤冬樹)

 赤木雅子さんの夫、俊夫さんが亡くなったのは公務が原因の公務災害と認定されている。では、どうして公務災害と認定されたのか? 雅子さんは今年4月、近畿財務局に対し、公務災害補償通知書にかかわるすべての文書の開示を請求した。その文書を見れば、公務災害と認定された理由が改ざんにあるとわかり、3月に起こした裁判に役立つと考えたからだ。

 開示請求に対しては原則として30日以内に決定を出すと定められている。ところが近畿財務局は5月、新型コロナウイルスの影響を理由に、決定を1年先に延ばすと通知してきた。

 「それはあまりにも原則を逸脱してひどい。裁判対策で引き延ばしているとしか思えない」と赤木雅子さんと弁護団は受けとめ、今回、決定を1年も先延ばししたのは違法だとして、すみやかに決定を出すよう求める裁判を起こした。この裁判も「原告 赤木雅子、被告 国、代表者法務大臣 三好雅子」と記されている。雅子対雅子の闘い再び、である。

雅子対雅子の訴状(画像加工・池田由利子氏)
雅子対雅子の訴状(画像加工・池田由利子氏)

近畿財務局は「相当に悪質」「甚だ不誠実」

 今回の訴状には、別の裁判の判決が引用されている。森友学園への国有地巨額値引きに関する文書の開示請求に対し、近畿財務局が217件もの文書を開示しなかったことをめぐる裁判で、大阪地裁は今年6月、国に賠償を命じる原告勝訴の判決を言い渡した。その判決理由は国を厳しく断罪している。

提訴後に会見する松丸正弁護士(右)と生越照幸弁護士(左)(撮影・相澤冬樹)
提訴後に会見する松丸正弁護士(右)と生越照幸弁護士(左)(撮影・相澤冬樹)

「近畿財務局が保有していた行政文書を意図的に存在しないものとして扱い、本件処分(=不開示)を行ったというほかなく」

「国会審議において更なる質問につながり得る材料を極力少なくするという、国民主権の概念に反するともいうべき極めて不適切な動機の下で森友学園案件に関する応接録が廃棄されていた中で(中略)情報公開法の目的に反して意図的にこれら文書を不開示としたのであり、その違法行為の内容・態様は、相当に悪質であるといわざるを得ない」

「近畿財務局長の対応や被告(国)の応訴態度については、甚だ不誠実であったとの批判を免れない」

 裁判所がこれほど強い表現で国の対応を非難することはめったにない。きょう提出した訴状ではこれらの判決理由をすべて引用し、「本件も森友学園案件に関する情報開示請求という点で共通していることから、(開示決定を先延ばしする)理由が正当なものか否か疑わしい」と指摘している。

 提訴後の会見では、赤木雅子さんのコメントが読み上げられた。

「私は2019年2月7日近畿財務局の局長から直接公務災害の認定書をいただきました。なぜ公務災害を認めたのか? 夫はなぜうつ病になってしまったのか? 公務災害を認めたのなら近畿財務局は早急に文書を開示してほしいです」

会見に集まった報道陣(撮影・相澤冬樹)
会見に集まった報道陣(撮影・相澤冬樹)

土砂降りの日はあの日を思い出す

 弁護団が提訴の記者会見をしているころ、赤木雅子さんは俊夫さんの墓前に状況を報告するため、墓地のある岡山県に向かっていた。自宅を出る前、赤木雅子さんからLINEが届いた。

「今日は土砂降りです。マンション出たら海まで直行しそうです。土砂降りの雨はあの日を思い出します。」

 あの日というのは、俊夫さんが亡くなった翌々日のこと。俊夫さんの検視が終わり、実家のある岡山県に親族の車で向かっていた時も、土砂降りの雨だった。

「あの時は何をすればいいのか全くわからなかったけど今はやるべき事がわかっているので前に進みます。財務局の方々に本当のことを話してほしいということは難しいことだと私も思います。でももし自分の家族に夫のような人間がいたら、親、息子、娘、兄弟、妻、夫。それでも『言わない知らない』を言い続けることできますか?」

赤木俊夫さんが死の直前に書き残した手記(撮影・相澤冬樹)
赤木俊夫さんが死の直前に書き残した手記(撮影・相澤冬樹)

 ちなみに今日、7月6日は、今住んでいるマンションに引っ越した日だという。16年前、念願の自宅を購入した時のことだ。

「ずっと宿舎暮らししてたので子供がいない私たちにとっては子供ができたくらいの喜びで。でも最期にここで首を吊ることになるなんて。そしてそのマンションでひとり暮らすことになるなんて。

 人生山あり谷あり。今は深い谷からやっと上がってきたところです。高い山に登ってます。立派な登山靴も履いてます。」

 「またもいい表現ですね」と私が返すと、すぐにこんな言葉が返ってきた。

夫にもこんなに立派な登山靴履かせてあげたかった。」

 墓参の後に届いたLINEでは…

「お墓参りでは、近畿財務局に訴訟して改ざんした経緯を全部開示してもらうからね、と伝えました。」

本を出すことになったよ。これで少しでも本当のことを話してくる人が出るといいね。財務局の人達が読んでくれたらいいね(とも伝えました)。」

 本とは、最初に提訴した裁判が始まる7月15日に合わせて、同時に発売される『私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?』(文藝春秋)のこと。

『私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?』(文藝春秋提供)
『私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?』(文藝春秋提供)

 提訴の理由や狙いなどを記した本の帯には、雅子さんの手書きで、安倍首相と麻生財務大臣、佐川氏、そして夫、俊夫さんの似顔絵が描かれている。その横に「国会議員・公務員の皆さん どこ向いて仕事してますか? 改ざんしてしまいましたが 夫・赤木俊夫はまっすぐ前を向いていました」という直筆のメッセージもある。

赤木雅子さん直筆のイラストが帯に(雅子さん提供)
赤木雅子さん直筆のイラストが帯に(雅子さん提供)

 財務省と近畿財務局はどこを向いているのか? 判決で「相当に悪質」「甚だ不誠実」と指弾されるようでは、国民の方を向いていないことは間違いない。権力者と自分の保身の方だけを向いていると言われても仕方がないだろう。

赤木雅子さん本人が法廷で意見陳述し 会見も

 7月15日に始まる裁判では、赤木雅子さん自ら法廷に立ち、意見陳述をすることを決めた。雅子さんは素顔を公表していないが、ついたてなどは立てず、法廷で意見を述べるつもりだ。マスクはするものの顔の一部は傍聴席から見えることになる。

大阪地裁前に立つ赤木雅子さん(撮影・相澤冬樹)
大阪地裁前に立つ赤木雅子さん(撮影・相澤冬樹)

 意見陳述で雅子さんは、夫、俊夫さんがいかに苦しんで亡くなっていったか、真相を知りたいという雅子さんの願いを国がいかに裏切ってきたかを証言する。裁判官には、俊夫さんが命を絶った原因と経緯が明らかになるように訴訟を進めてくださいとお願いするつもりだ。

 さらに法廷が終わった後の記者会見にも赤木雅子さん本人が弁護団とともに臨むことを決めた。その理由について雅子さんは次の様に話している。

「最初は会見に出るのが怖かったけれど、裁判が始まるこの機会に世の中の皆さんに自分の言葉で考えを訴えたいと思いました。それに、再調査の電子署名に賛同してくださった35万人を超える皆さまと、励ましのお手紙を寄せてくださった大勢の皆さまにも、自分の言葉でお礼をお伝えしたいと思ったからです」

 注目の赤木雅子さんの裁判は、7月15日(水)午後2時から、大阪地裁で最も広い202号大法廷で行われる。傍聴希望者が多数訪れ、傍聴は事前の抽選になると予想される。

【執筆・相澤冬樹】

2人仲良く手をつなぎ(赤木雅子さん提供)
2人仲良く手をつなぎ(赤木雅子さん提供)