スカンジナビア航空SASノルウェーでパイロットストライキ 100便欠航

交渉難航で、ノルウェーのパイロットがストライキ(写真:ロイター/アフロ)

スカンジナビア航空SASは、ノルウェー経由の便を14~18日に利用予定の乗客に、別の便に変更するように告知した。原因はノルウェーのパイロットのストライキ。

SASはノルウェーでの公式HPで、ノルウェーパイロット連盟側との交渉が難航し、木曜日の便のキャンセル・延滞を予告・謝罪している。

交渉難航のため、すでに14日14時までのノルウェー経由のおよそ100便が欠航となった。スウェーデンとデンマークのSASが操縦する便には影響がない。

同社はノルウェー発・着の両方の乗客に対し、可能であれば事前に便を変更するように呼び掛けている。

SASと提携するヴィデロー(Wideroe)航空では、14~18日にノルウェーを経由する便を他の便へ変更する場合は、料金無料となる。

ノルウェー国営放送局NRKによると、競合のノルウェー・エアシャトル(ノルウェージャン)航空ではチケットの注文が殺到しており、木曜日の便の多くはすでに売り切れているという。

交渉がいつ解決するかはわからず、SASノルウェーでは乗客に公式HPを頻繁に確認するように呼び掛けている。

※追記 ノルウェー時間の14日早朝4時半頃、現地報道によると交渉で合意したと報道された。

Text:Asaki Abumi