Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「3年生は最高の高校生活、最高の思い出」 山梨学院・功刀主将 交流試合

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
センバツLIVE!

 2020年甲子園高校野球交流試合は最終日の17日、第3試合で白樺学園(北海道)が3―8で山梨学院(山梨)に敗れた。山梨学院の功刀史也主将は「3年生は最高の高校生活になり、最高の思い出になった」と話した。功刀主将の談話は次の通り。 【交流試合最後の熱闘】山梨学院VS白樺学園  ◇エース不在の好投、来年につながる  エース吉川(大投手)が投げられない中、1年の2人(川口龍己投手と古川秀将投手)が好投したのは来年につながる。(白樺学園の先発片山楽生投手は)ものすごくいいピッチャーで140キロ前後の球をどんどん投げ込んできたが、振り遅れないよう練習から速い球を打っていたのが良かった。  3年生は最高の高校生活になり、最高の思い出になった。控えの選手からは朝に「頑張ってこい」と言われ、レギュラー選手には試合前に「このメンバーでできる最後の試合。ミスを恐れず、ずっと笑顔でいこう」と言った。日本高野連の方が自分たちのために最高の舞台を用意してくださったので、最後まで全力プレーすることだけを考えた。

【関連記事】