勢いが止まらない栗原陵矢、岡本和真!1軍デビューした岸潤一郎ら2014年U18日本代表の現在は?

勢いが止まらない栗原陵矢、岡本和真!1軍デビューした岸潤一郎ら2014年U18日本代表の現在は?

…駿哉(富山商-法政大-Honda鈴鹿)山城 大智(沖縄尚学-亜細亜大-トヨタ自動車)飯塚 悟史(日本文理-横浜DeNAベイスターズ)高橋 光成(前橋育英-埼玉西武ライオンズ)小島…

7月9日(木) 12時32分-野球(高校野球ドットコム)

【始球式名場面】DeNA飯塚も惚れ直す? 「いーどぅし」かーなーさんのノーバウンド投球

【始球式名場面】DeNA飯塚も惚れ直す? 「いーどぅし」かーなーさんのノーバウンド投球

…今年3月DeNA飯塚悟史投手と結婚を発表した音楽ユニット「いーどぅし」のかーなーさん 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となっていたプロ野球がいよい…

6月24日(水) 7時30分-野球(Full-Count)

田中(豊川)、飯塚(日本文理)が計373球の熱投!2014年選抜1回戦で延長13回の死闘を繰り広げた豊川と日本文理ナインのその後

田中(豊川)、飯塚(日本文理)が計373球の熱投!2014年選抜1回戦で延長13回の死闘を繰り広げた豊川と日本文理ナインのその後

…選抜大会前年秋の明治神宮大会準優勝の日本文理は投打でチームの主軸を担う飯塚 悟史を擁し優勝候補として甲子園に乗り込んだ。その初戦で愛知の豊川との試合は…

6月18日(木) 19時31分-野球(高校野球ドットコム)

エース・飯塚悟史を含め、5名が社会人でも硬式野球を継続 2014年の日本文理ナインのその後

エース・飯塚悟史を含め、5名が社会人でも硬式野球を継続 2014年の日本文理ナインのその後

…3年 (法政大<準硬式>)9(投)飯塚 悟史 3年 (横浜DeNA) 準決勝まで全5試合を完投した、エース・飯塚 悟史はU18日本代表にも選出される。2…

5月4日(月) 7時1分-野球(高校野球ドットコム)

DeNA・飯塚、料理に挑戦中!「あまり興味はありませんでしたが…」

DeNA・飯塚、料理に挑戦中!「あまり興味はありませんでしたが…」

DeNAの飯塚悟史が9日、神奈川県横須賀市内のDOCK OF BAYSTARS YOKOSUKAで自主練習を行った。 飯塚はウォーミングアップ、キャ…

4月9日(木) 17時12分-野球(ベースボールキング)

新婚のDeNA飯塚は自宅で「料理に挑戦」 新型コロナ対策は「歯磨き、回数が増えた」

新婚のDeNA飯塚は自宅で「料理に挑戦」 新型コロナ対策は「歯磨き、回数が増えた」

…「限られた時間でウエートやフォームチェックに取り組んでいます」 DeNAの飯塚悟史投手が9日、神奈川・横須賀市の球団施設で自主練習を行い、球団を通じてコメ…

4月9日(木) 16時52分-野球(Full-Count)

今井-鮎ケ瀬(作新学院)や徳山-福井(大阪桐蔭)など!名投手とバッテリーを組んだ選手たちの現在

今井-鮎ケ瀬(作新学院)や徳山-福井(大阪桐蔭)など!名投手とバッテリーを組んだ選手たちの現在

…ッテリーを紹介し、彼らの現在地をまとめた。2014年夏 ベスト4投手 飯塚 悟史(日本文理―横浜DeNA)捕手 鎌倉 航(日本文理―法政大―JR東海)…

4月9日(木) 7時0分-野球(高校野球ドットコム)

龍谷大平安を初優勝に導いた2年生エース 今こそ振り返りたい“センバツ優勝投手”

龍谷大平安を初優勝に導いた2年生エース 今こそ振り返りたい“センバツ優勝投手”

…ローテーション定着でブレイク期待 佐野日大の田嶋大樹(現オリックス)や日本文理の飯塚悟史(現DeNA)、智弁和歌山の東妻勇輔(現ロッテ)、明徳義塾の岸潤一郎(現…

3月30日(月) 17時59分-野球(ベースボールキング)

2014年甲子園ベスト4の日本文理はプロ入りしたエース・飯塚悟史含め5人が硬式野球継続中!

2014年甲子園ベスト4の日本文理はプロ入りしたエース・飯塚悟史含め5人が硬式野球継続中!

…エース・飯塚 悟史がプロ入りし、若手の期待株に挙げられているが、そのほかの選手も社会人、クラブチームで続けている選手が多い。投手 飯塚 悟史(横浜DeNA)捕手 鎌倉…

3月27日(金) 14時59分-野球(高校野球ドットコム)

番長・三浦大輔以来、規定投球回到達者は不在。DeNAに高卒生え抜き先発投手は出てくるか?

番長・三浦大輔以来、規定投球回到達者は不在。DeNAに高卒生え抜き先発投手は出てくるか?

…なかなか戦力になりきれていない。とくに先発投手は深刻である。 近年だと飯塚 悟史(日本文理高校/2014年7位)や京山 将弥(近江高校/2016年4位…

3月11日(水) 19時45分-野球(高校野球ドットコム)