Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【12球団戦力分析】DeNA・開幕の先発投手陣に黄信号、新戦力には絶好のチャンス

配信

週刊ベースボールONLINE

昨季は広島が37年ぶりのリーグ連覇を遂げたセ・リーグ。2018年も広島の個の力は高いレベルにあるが、若虎の成長で戦力の厚みが増している阪神、日本シリーズ進出の自信と勢いを保つDeNA、覇権奪回を誓う盟主・巨人もセ界の頂点に立つことを現実目標としている。松坂大輔が加わった中日、小川淳司監督&宮本慎也ヘッド体制で巻き返しを期すヤクルトも、“混セ”の演出に一役買うことになるだろう。混戦必至のペナントレースを抜け出すのは果たして――。 ※記録は3月17日時点 ■2018開幕カード VS.ヤクルト(横浜)2017対戦成績 17勝8敗0分 勝率.680 (ホーム10勝3敗0分・ビジター7勝5敗0分) 予想開幕投手 石田健大(2年連続2度目)  一人で20勝をマークするような絶対的なエースはいないものの、先発は2ケタ勝利を狙える力のある投手陣が並ぶ。しかし開幕に関しては、万全の布陣とはいかないようだ。  左肩違和感で別メニュー調整中の濱口遥大に続き、ウィーランドも右ヒジに不安を抱え2月28日の練習試合SK戦を最後に実戦での登板を回避している。2人はともに昨シーズン中に同症状で一軍を離脱しており、無理ができないのが現状だ。昨季、2ケタ勝利をマークした両投手が開幕に間に合わないとなれば、シーズン序盤は・・・

本文:2,038文字

写真:3

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

週刊ベースボール

週刊ベースボールONLINEの有料記事

PayPay残高使えます