松岡一哲

「中国語の看板」目立つ高田馬場――留学生が街の姿を変える

11/20(水) 8:54 配信

高田馬場という街が変貌を遂げようとしている。街を歩けば、アジアからやってきた若者の姿が目立つ。耳に入ってくるのはアジア各国の言語で、なかでも目立つのは中国語だ。中国人留学生が目指すのは日本の有名大学。高田馬場には彼らを対象にした日本語学校や予備校が乱立する。界隈には「中国語の看板」の飲食店も目立つ。変わりゆく街を歩いた。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。