Yahoo!ニュース

首位LGが2安打で勝利し6連勝 オースティンの初回2ランで逃げ切り<韓国KBOリーグ>

室井昌也韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表
20号2ランを放ったオースティン・ディーン(写真:LGツインズ)

21日のKBOリーグは全5試合が18時30分開始のナイトゲームで行われた。

首位LGツインズと5位SSGランダーズの対戦はLGが2-1で勝利。LGは連勝を6に伸ばした。

LGは1回表2死二塁で4番オースティン・ディーンが、SSGの先発ソン・ヨンジンのスライダーをセンターへ。バックスクリーンの右に飛び込む20号2ランを放ち、LGが2点を先制した。

試合はLGの先発ケイシー・ケリー、SSGの2番手、3回からロングリリーフのロエニス・エリアスが好投。両チーム無得点が続いた。

LGは2~8回までヒットなく、この日のチーム安打は初回のオースティンの一発と9回パク・ヘミンの単打の2本のみで勝利を収めた。

この日は敗れたSSGを追う6位KIAタイガースも敗れて、5、6位のゲーム差は1のまま。KIAは7連敗となった。

◇9月21日(木)の結果

・キウム 5 - 1 NC(コチョク)

 勝:ハ ヨンミン

 敗:イム ジョンホ

・SSG 1 - 2 LG(インチョン)

 勝:ケリー

 敗:ソン ヨンジン

・KT 5 - 0 ロッテ(スウォン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:ナ ギュンアン

・ハンファ 14 - 8 KIA(テジョン)

 勝:ペーニャ

 敗:イ ウィリ

・サムスン 1 - 5 トゥサン(テグ)

 勝:ブランドン

 敗:ブキャナン

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「アジア大会代表、2選手を入れ替え」

10月1日から行われるアジア大会(中国・杭州)に参加する野球韓国代表が、選手の入れ替えを発表。戦列離脱中のク・チャンモ投手(NC)とイ・ジョンフ外野手(キウム)に代わり、キム・ヨンギュ投手(NC)、キム・ソンユン外野手(サムソン)が代表入りした。韓国代表は23日からコチョクスカイドームで練習を開始。28日に出国する。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、ロッテジャイアンツ)>

KTウィズ戦の9回表、7番ユ・ガンナムの代打で出場。一、二塁間をやぶるヒットを放った。

⇒ 出た!安田権守(ロッテ)がプロ425打席目で初アーチ。さらに2号弾も

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載。連日、KBOリーグの結果をお伝えしています。

韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表

2002年から韓国プロ野球の取材を行う「韓国プロ野球の伝え手」。編著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』(韓国野球委員会、韓国プロ野球選手協会承認)を04年から毎年発行し、取材成果や韓国球界とのつながりは日本の各球団や放送局でも反映されている。その活動範囲は番組出演、コーディネートと多岐に渡る。09年から日刊スポーツで連載、韓国では06年からスポーツ朝鮮で韓国語コラムを連載。ラジオ「室井昌也 ボクとあなたの好奇心」(FMコザ)出演中。新刊「沖縄の路線バス おでかけガイドブック」。72年東京生まれ、日本大学芸術学部演劇学科中退。ストライク・ゾーン代表。KBOリーグ取材記者(スポーツ朝鮮所属)。

室井昌也の最近の記事