消費税10%で家計は月5000円の負担増に

写真はイメージ(ペイレスイメージズ/アフロ)

2019年10月に消費税率は10%に上がる予定です。総務省の家計調査(平成29年度)のデータを参考に月の消費支出別に負担がどれくらい増えるのか試算したところ、消費税が2%上がると多くの家庭では月5000円前後の負担増が予測されます。

増税後の家計の負担増
増税後の家計の負担増

例えば、1ヵ月の消費支出(貯金や貯蓄型の保険を除く)が31万3057円の家計の場合、消費税が10%時には月4888円の負担増になりそうです。

消費税は国内でモノやサービスを購入する際に、一部の支出を除くほとんどのケースでかかります。家賃や住宅ローン、保険料、健康保険の対象となる医療費や出産費用など政策的な配慮のある一部の支出は非課税となります。

多くのモノやサービスの値段が上がる前に買い込んでおきたいと思う人もいるでしょう。値崩れしにくいかどうかを一つの判断材料にするとよいでしょう。

関連記事

消費税10%になる前にやっておきたいお金のこと(買い物編)

消費税10%になる前にやっておきたいお金のこと(家電 自動車編)

消費税10%になる前にやっておきたいお金のこと(住宅編)

また、購入予定のなかったモノまで買ってしまい支出を増やしてしまうのは避けたいところ。比較的値段が崩れにくく、購入予定があるものは前倒しをしてもよいでしょう。

次回は増税後の対策をお伝えする予定です。