お世辞を言えば出世する?:お世辞の効果的な使い方の心理学

写真はイメージ:オフィスでも宴会場でもお世辞は必要です。(写真:アフロ)

<お世辞には効果があります。研究によれば、特にお世辞に弱い人がいます。どうせお世辞を言うなら、効果的な場面で効果的な人に言いましょう。>

■お世辞とは

何でもかんでも正直に言えばよいものではありません。人間関係が壊れます。人は誰でも、ほかの人から認められたいし、愛されたいとも思います。お世辞の一つも言えなければ、社会の中で生きていけないでしょう。

お世辞とか、似た言葉は、いろいろあります。

  • お世辞:相手の機嫌をとろうとしていう、口先だけのほめ言葉。
  • ゴマをする:人の気に入られるように振る舞って,自分の利益をはかる。
  • 外交辞令:相手に好感を抱かせるように、表面を繕っていう言葉。
  • 社交辞令:人間付き合いにおいて、物事を円滑に進めるために発言することが望ましいとされている挨拶や相手を誉める言葉。
  • 媚(こ)びる:他人に気に入られるような態度をとる。機嫌をとる。へつらう。
  • おべっか:相手の機嫌をとろうとして、へつらったり、心にもないお世辞を言うこと。
  • おべんちゃら:相手を喜ばせるための口先ばかりのお世辞。
  • お愛想:人当たりの良い態度。
  • ご機嫌取り:人の気に入るような言動をすること。

印象の良い言葉も悪い言葉もあります。本当は世話になんかなっていなくても、社交辞令として「いつもお世話になっております」と言うものです。そうでなければ、人間関係がスムーズにいきません。

上司の娘に関して、「本当にかわいらしいお嬢様で」なんて言うのは、外交辞令ですね。

こんなふうに人をほめる、お世辞を言うのが好きな人、得意な人もいれば、嫌いな人、苦手な人もいるでしょう。いずれにせよ、お世辞を言う人、ゴマをする人は、気に入られよう、喜ばせよう、仕事や人間関係をスムーズに進ませようと思っています。

でも、そもそもお世辞を言うことは、本当に効果があるのでしょうか。

心理的、科学的に考えてみたいと思います。

■人をほめる意味と効果、真実でも誇張でも

この記事は有料です。
心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバー2019年10月サンプル記事

碓井真史

価格

550(記事3本)

2019年10月号の有料記事一覧

すべて見る

心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ