ジョーカーの衝撃:最も悲しく最も恐ろしい悪役映画

映画「ジョーカー」LAプレミア(写真:REX/アフロ)

■映画『ジョーカー』

『バットマン』のスピンオフ(などとはあまり言われないが)。アメコミ映画のはずなのに、第76回ヴェネツィア国際映画祭で最優秀作品賞(金獅子賞)受賞。

この映画は衝撃だ。たとえ暴力シーンがなくても、汚い言葉がなくても、これは確かにR15+だ。万民に勧められる映画ではない。映画を観ながらそう思った。しかし観終わった時、万民に勧めたい、そう思わせた映画だ。

ネット上には、様々な言葉が並ぶ。アメリカでは、映画に怯えている。

「映画館が「子供に『ジョーカー』を見せないように」と警告」「映画『ジョーカー』公開…ニューヨーク市警察が厳重な警戒態勢」「ストーリーに影響され犯罪に走る人を懸念し、アメリカでは異例の犯罪注意警告」

Yahoo!映画にも、衝撃を受けたレビューが次々と投稿される。

「五つ星じゃ足りない」「リアルな悪夢」「上映館で銃乱射事件起こっても驚かない」「初めて映画で恐怖を感じた」

「あの事件を思い出す」「覚悟を持って見ないとジョーカーに取り込まれる」「胸に刺さる」

「 絶賛なんかするな。”明日は我が身” だ」「ただの 観客でいられなくなる」「危険な傑作」「人はこんなにさわやかに狂える」

「呼吸をする事さえ忘れた」「狂った世の中に笑いがとまらない(もっと笑えよ、ジョーカーの様に)。」

映画『ジョーカー』予告編1(1:02)

 

映画『ジョーカー』予告編2(2:25)

 

・映画の中で、ジョーカーがキリストに見えた箇所がある。もちろん、アンチ・クライストだが。

・ジョーカーが浴びる返り血。今まで私が映画で見た中で、最も美しい返り血だった。

・ラストシーンは、喜劇と悲劇の融合だと、私は感じだ。

■悪役「ジョーカー」

最も悲しく、最も怖い悪役。

ジョーカーは私の街にもきっといる。

そして、私自身の中にも、ジョーカーはいるかもしれない。もしも手元にピエロの仮面があったなら、私もその仮面をつけていたかもしれない。映画を観終わったのに、映画館を出たのに、映画の世界から抜け出せない。

ジョーカー。映画史上、最も悲しく、最も恐ろしく、そして最も滑稽な悪役かもしれない。その瞳の奥に、底知れぬ闇があった。

■映画『ジョーカー』ストーリー(予告編以上のネタバレなし)とリアルな犯罪者ストーリー

映像の美しさ、息が苦しくなる展開。その物語に、心のざわめきが止まらない。

ネタバレなしとはいえ、宣伝コピーにあるように、「心優しい男が、なぜ“悪のカリスマ”ジョーカーになったのか?」と、物語の始まりも終わりも、わかってはいる。

貧しいながら、病持ちの母親と二人で懸命に生きている男。人を笑わせるのが好きで、コメディアンになることを夢見る。彼なりに、大切なものはある。

しかし、ほんの少しの希望の後には、絶望が待っている。彼は全てを失っていく。

物語として、もしも彼にも、人からの小さな親切やわずかな幸運があったなら、人生大逆転のハートウォーミングなサクセスストーリーになっていたかもしれないのに。

不幸な偶然の積み重ねで犯罪者になっていく姿は、バットマンの世界観の中の話なのに、妙にリアルだった。

心理学的に見れば、犯罪史に残る凶悪犯もそれぞれがジョーカーだ。映画のジョーカーも、最初から夢も善意も正義感もなければ、巨悪にはならなかった。器用に立ち回る小ずるい奴はいくらでもいる。

現実の巨悪犯罪者の生い立ちも、不幸な偶然の積み重ねだ。犯罪者に同情を求めているのではない。ジョーカーも、同情など求めない。

ただ、悪い人が悪いことをする。それほど世界は単純ではない。悪も善も悲劇も喜劇も隣り合わせなのだ。私(私たち)と、凶悪犯罪者は、それほど遠くはない。

人は皆、塀の上をバランスをとりながらふらふらと歩いている。ほんの小さなことで、あちら側に落ちるか、こちら側に戻ってくるかの違いだけだ。

物語の舞台は、1980年代。過去の世界だ。だが、その格差と断絶と傲慢と暴力と、全てをジョークにする高笑いの世界は、まるで近未来を見ているようだった。

映画『ジョーカー』

2019年アメリカ映画。

10月4日、日米同時公開

監督 トッド・フィリップス

主演 ホアキン・フェニックス

助演 ロバート・デ・ニーロ

映画『ジョーカー』オフィシャルサイト

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ