日本国憲法前文の意味を子どもにもわかりやすく:護憲か改憲かをみんなで考えるためにも

憲法のためのまえがき

私たちはもう戦争をしません。日本の主人公は、私たちです。私たちみんなで日本の舵取り(かじとり)をします。日本の行き先を決めるのは、私たち自身であり、この憲法(けんぽう)を作りました。

ただ私たちが国のことを直接決めるのは難しいので、まず選挙をします。選挙はもちろん正しく行われます。その選挙で選ばれた代表が、国会で話し合って、日本のことを決めます。そうして、私たちのために、私たちの子どもや孫のために、しっかり考えて国の様々な決まりの大元である「憲法」を決めました。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

私たちは、いろいろな国と仲良くします。協力し合います。みんなで自由に楽しく暮らすことを目指します。戦争はしません。戦争のためにひどいことが起きてしまうことがないように努力すると、固く心に誓い(ちかい)ます。

画像

日本のことを決めて実行する人たちがいますが、この仕事は、私たちみんなから信頼され頼まれた仕事です。日本のことを決めたり実行したりする人が偉い(えらい)のではなくて、私たちみんなが国のことを決める権利(けんり)を持っているのです。その私たちの代表が、国の仕事を行います。そして私たちみんなの生活が、もっと良くなるようにします。

今まで書いたことは、憲法を決める前からある、人間みんなにとっての自然のルール、おきてです。このルールは、いつでもどこでも、ゆらぎません。憲法は、この自然のルールにもとづいて作られました。私たちは、この憲法に反するようなどんな決まりもルールも命令も、決して作りません。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

日本の私たちは、平和がずっと続くことを心から願っています。みんなで理想をしっかり持つことは、とても大切です。どの国の人だって、平和が好きなはずです。正しいことをしようと思っているはずです。世界中の人が、本当は仲良くなりたいと願っていることを、私たちは信じます。私たちは、世界の人を信じることを通して、日本のみんなの安全と生活と命を守っていこうと、心に決めました。

画像

私たちは、平和を守り続けます。だれかがいばって、だれかを支配することはだめです。だれかを抑え(おさえ)つけたり、自分だけの狭い(せまい)考え方にとらわれるのはだめです。世界のみんなも、そんなだめで悪いことをなくそうとがんばっています。そのがんばっている世界の人々から、日本も認めてもらえる国になりたいと思っています。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

世界中の人たちが、恐怖にふるえることがないように、食べ物や家がなくて困ることがないように、平和で安全な生活が送れるようにしたいと思います。世界のみんなは、そんな生活をする権利を持っています。たしかに、持っています。

どの国も、自分の国こととだけを考えてはだめです。他の国のことを考えないなんてだめです。今まで書いてきたような国の基本的な決まりやルールは、本当はどの国でも同じはずです。どの国の人も、自分たちも立派(りっぱ)な一つの国だと言うなら、みんなでこの同じ思いを持つべきでしょう。

日本の私たちは、日本の名にかけて、全力をあげ、この理想を進めていくと、誓います。

(いくつか誤字と表現を修正。5/4)

~~~~~~~~~~~~~~~~

このページは、下記「日本国憲法前文」を子どもにもわかるように、私なりに表現したものです。護憲にせよ、改憲にせよ、子どもたちの未来のために、共に考えていきたいと思います。

日本国憲法前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ