「8000回の悔しさ」の心理学:あなたもイチローのようになるために

イチロー選手が誇りに思うこととは。 (Keith Allison)

■日米通算4000本安打達成のイチローが会見

誇れることがあるとすると、4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね」

出典:日米通算4000本安打達成のイチローが会見(全文掲載)/一問一答 Y! MLB.jp(GyaO!) 8月22日(木)15時31分配信

「8000回の悔しさ」糧に=4000安打のイチローが会見:時事通信 8月22日(木)

<イチロー>「悔しい思い8000回以上」それが誇り:毎日新聞 8月22日(木)

イチローの偉業、大切にしてきた失敗の記憶:読売新聞 8月22日(木)

「プロだからこそ、失敗の記憶を大切にしてきた。」

■打率3割の意味

打率2割5分は普通の選手ですが、打率3割の成績なら一流選手です。でも、実際はイチロー選手のようなすごい選手でも、10打席中7打席はヒットが打てません。4000のヒットのためには、8000以上の三振や凡打があります。

7回ヒットが打てなくても、3回ヒットが打てれば、一流選手。でも、なかなか人はそう思えませんが。

■ヒットではない8000回をどう考えるか:劣等感の心理

劣等感の正体:心理的メカニズムと克服方法」でも書きましたが、劣等感の強い人は、過去にこだわる人です。過去の失敗を繰り返し思い出し、後悔し、みじめな思いをつのらせます。

その結果、劣等感が強くなり、自分をみじめに思い、失敗から学ぶこともできません。

イチロー選手は、その8000回を、「悔しい思い」と語りました。

■悔しさの心理

「悔しい」は、「本来の自分ならできたはずだ」という感情です。「どうせ僕なんか」と思えば、悔しさもわかないでしょう。今はできなくても、今日はヒットが打てなくても、「本来の自分」ならできるはずだと感じるから、悔しさがこみ上げてきます。

今はその実力がなくても、自分にはまだまだ秘められた力があり、その可能性を伸ばすことができれば、きっとできるはずだと感じるのが、悔しさであり、負けず嫌いです。

優秀なスポーツ選手の多くが、負けず嫌いですね。

■失敗から学べるか

劣等感の強い人は、おびえているために、失敗と向き合うことができません。自分の失敗を嘆きますが、ただ漠然と、もっと良くなりたいと思うだけで、有効な努力ができません。

劣等感が強くない人は、失敗と向き合えます。8000回の悔しさと「常に、自分なりに向き合ってきた」のです。それは、楽しいことではないかもしれませんが、失敗から多くのことが学べます。

あの打てなかったコース、苦手なピッチャー。8000回の悔しさといつも向き合い、繰り返し考え、練習を重ね、具体的な目標設定をしたからこそ、イチロー選手は成長し続けてきました。

■悔しさに耐えられないとき

負ければ誰でも嫌な思いをします。失敗はいやなものです。そうして劣等感をつのらせ、否定的なセルフイメージを持つと、人はもう苦しみたくないと感じます。

そうすると、人は自分より低い相手と自分を比較しようとします。誰かを馬鹿にし、いじめ、ゆがんだ優越感を持とうとします。一方、悔しさをしっかり味わえる人は、成長するために、自分より上の人と比較をしようとします。

■私達の誇りとチャレンジと幸福

イチロー選手は、8000回の悔しさを乗り越えてきました。「誇れるとしたらそこ(8000回以上の悔しさと常に自分なりにむきあってきた事実)」だと、語っています。

イチロー選手は、自分より低い選手と比較して安心するのではなく、すごいピッチャー、すごいバッターに立ち向かい、チャレンジしながら多くのことを学んできたのでしょう。

「悔しさ」は、相手に負けた悔しさであり、また本来の自分の力を発揮できなかった悔しさです。チャレンジは、相手選手へのチャレンジであり、記録へのチャレンジだったでしょう。

幸福感に関する心理学の研究によれば、他者との比較からは長続きする幸福感は生まれません。過去の自分、理想の自分と比較し、過去から学び理想に近づいていると感じられる人が、幸福な人です。

■私達もイチロー選手のように

スポーツ選手は、私達に多くのことを教えてくれます。野茂選手、松井選手、イチロー選手ら、とびきりのチャレンジャーは、特に多くの事柄を教えてくれています。

私達みんなが、スポーツ選手になるわけではありませんし、外国で活躍するわけでもありません。けれども、人生の基本は同じではないでしょうか。

多くの失敗があり、そこから成功が生まれます。だれもが三振しますが、そこでは終わらないという悔しさを感じ、失敗と向きあい、失敗から学べるかどうかです。チャレンジャーであり続けるかどうかです。

凡人である私達は、そうそう激しい努力をし続けるわけではありませんが、自分なりのチャレンジをしたいと思います。人は、子どもも高齢者も、本来の自分を取り戻したい、成長したいと願っているはずです。

幸福感に関する心理学の研究によれば、熱中できるものを持っている人、目標を目指してがんばっている人は、幸福な人です。イチロー選手は、とても辛い体験もしてきたでしょうが、幸福そうです。

私達も、8000回の悔しさに自分なりに向き合って、幸せになっていきたいと思います。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ