【JAZZ LIVE】侍BRASS 2015“西方見聞録”(東京オペラシティ コンサートホール)

“ジャズの醍醐味”と言われているライヴの“予習”をやっちゃおうというヴァーチャルな企画“出掛ける前からジャズ気分”。今回は、日本のトップ管楽器奏者が集結した侍BRASSの定例ライヴ。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

侍BRASS 2015“西方見聞録”
侍BRASS 2015“西方見聞録”

クラシックやポピュラーというジャンルを問わず、日本を代表する管楽器奏者が顔を合わせてコンサートを続けているのがこの侍BRASS。

東京オペラシティのコンサートホールで開催するライヴも今年で10回目となり、アンサンブル・コンクールの開催やファン投票によるリクエストなど、トップ・プレイヤーたちの夢の共演という枠にとどまらない、管楽器シーンを巻き込んだ大きなムーヴメントに発展しているという印象を年ごとに強めている。

クラシックの異色曲を異色のアレンジで?!

今年のテーマは「西方見聞録」。これまでオリジナルを中心に、ポピュラー・ナンバーをブラス・アンサンブルならではのアレンジで楽しませてくれていた侍BRASSが、クラシック曲へ踏み込む予定だ。

予定されているのは、コープランドの「市民のためのファンファーレ」(編曲:エリック・ミヤシロ)、ファリャの「バレエ音楽《三角帽子》より」(編曲:高橋宏樹)、モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク(アイネ・クライネ“SAMURAI”ムジーク)」(編曲:石川亮太)など。

これにもちろん、侍BRASSメンバーのオリジナル、さらにお楽しみのポピュラー・ソング・カヴァーにはクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」(編曲:三澤慶)というラインナップが加わる。

第3回侍BRASSアンサンブル・コンクールの最優秀受賞団体との共演も見所のひとつ。

全国のブラス・ファンたちが熱い視線を送る真夏の祭典、今年も見逃さないようにするつもりだ。

では、行ってきます!

●公演概要

8月30日(日) 開場14:30/開演15:00

会場:東京オペラシティ コンサートホール(東京・初台)

出演:侍BRASS:エリック・ミヤシロ(トランペット)、辻本憲一(トランペット)、澤田真人(トランペット)、三澤慶(トランペット)、森博文(ホルン)、中川英二郎(トロンボーン)、野々下興一(バス・トロンボーン)、齋藤充(ユーフォニアム)、次田心平(テューバ)、齋藤たかし(パーカッション)、共演:うましかブラス(第3回侍BRASSアンサンブルコンクール最優秀賞受賞団体)

♪第3回侍BRASSアンサンブルコンクール 最優秀賞: うましかブラス(東京都)『エルトゥールルの奇跡』