【JAZZ】守屋純子オーケストラ2015年定期公演 Big Band Plays Hard Bop!

守屋純子オーケストラ2015年定期公演
守屋純子オーケストラ2015年定期公演

“ジャズの醍醐味”と言われているライヴの“予習”をやっちゃおうというヴァーチャルな企画“出掛ける前からジャズ気分”。今回は、守屋純子オーケストラの2015年定期公演。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

守屋純子オーケストラは、2000年に芸術文化振興基金の助成を受けることで活動をスタートさせた日本を代表するビッグバンド。2001年にアルバム『シフティング・メージズ』をリリースして以降も定期的な公演を欠かさず、毎回テーマを変えながら意欲的な活動を続けている。ちなみにオーケストラ名義のアルバムは2005年の『ポインツ・オブ・デパーチャー』、2009年の『グルーヴィン・フォワード』、2012年の『イントゥ・ザ・ブライト・ディケイド』と、着実に枚数を重ねている。

今年は“Big Band Plays Hard Bop!”と題して、2014年に亡くなったホレス・シルバーの作品を中心に取り上げる予定。

ハード・バップのオリジネーターへのリスペクトをビッグバンドで具現

ホレス・シルバーは「アフリカ系ポルトガル人の系譜でカーボベルデ人の父にアイルランド人とアフリカの混血の母」のあいだに生まれたアメリカ人のピアニスト。

(カーボベルデとジャズとホレス・シルバーについては[訃報]ハード・バップを開拓しファンキーなピアノで魅了したホレス・シルバーさん逝去で触れているので参照してみてください。)

ジャズがもっともジャズらしいと言われるハード・バップというスタイルの中心にホレス・シルバーがいて、その意味を考えるきっかけを守屋純子オーケストラが与えてくれるーーというのが今回の定期公演の“課題”ではないかと考えている。

オーケストラ・アンサンブルへの編曲は、オリジナルでは溶け合って見えなかった部分をバラバラに解体し、再構築作業という意味合いが含まれる。

そこには当然、1950年代のハード・バップというジャズのスタイルと2015年のジャズという対立軸が生まれることになる。その軋轢から生まれるニュアンスこそが、守屋純子が問おうとしている“ハード・バップをビッグバンドがプレイする意味”ということになる。

……と想定したわけなのだけれど、想定どおりに収まらない、いや、収めようとしないのがジャズの流儀。それを楽しみにライヴへ出向くわけなのだ。

では、行ってきます!

●公演概要

2月20日(金) 開場18:00/開演19:00

会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(渋谷)

出演:守屋純子オーケストラ<守屋純子(ピアノ、アレンジ)、納浩一(ベース)、広瀬潤次(ドラム)、岡部洋一(パーカッション)、近藤和彦(アルト・サックス、ソプラノ・サックス、フルート)、緑川英徳(アルト・サックス)、岡崎正典(テナー・サックス)、アンディー・ウルフ(テナー・サックス)、宮本大路(バリトン・サックス)、エリック・ミヤシロ(トランペット)、木幡光邦(トランペット)、奥村晶(トランペット)、岡崎好朗(トランペット)、片岡雄三(トロンボーン)、佐藤春樹(トロンボーン)、東條あづさ(トロンボーン)、山城純子(バストロンボーン)

♪守屋純子オーケストラ/Junko Moriya Orchstra "A Touch Of Mingus"