《訃報》イージーリスニング・ジャズで世界を席巻したクラリネット奏者のアッカー・ビルクさん逝去

『ベスト・オブ・アッカー・ビルク』
『ベスト・オブ・アッカー・ビルク』

1962年に全米・全英のヒットチャートで1位を記録した「白い渚のブルース」の作曲・演奏で知られるクラリネット奏者のアッカー・ビルクさんが亡くなられた。享年85歳。

ビルクさんは1929年イギリス・サマーセット州生まれ。第二次世界大戦後に徴兵された際にクラリネットを学び、1950年代にはイギリスの“トラディショナル・ジャズ・シーン”のスターとして活躍。

とくに「白い渚のブルース(Stranger on the Shore)」はミリオンセラーを記録、彼の名前は世界に知られるようになった。

1969年にアポロ10号が有人月周回飛行を行なった際には、フランク・シナトラとキングストン・トリオとともに彼の曲がカセットテープに収録されて船内に積み込まれたというエピソードも。

肉体的なハンディが独特の音色を生んだ

ビルクさんは子どものころに事故で指を欠損していたが、そのハンディを練習によって克服し、独特のソフトなトーンを発するクラリネット奏法を編み出している。

この独特のソフトなトーンによって、“イージーリスニング”と呼ばれる、くつろいで楽しめる軽音楽の分野での第一人者となった。1960年代はロマン派以前のクラシックは重厚で堅苦しいというイメージが強く、20世紀の現代音楽は難解で大衆性に欠けていたため、ライト・クラシックへの要望が高まっていたのだろう。また、ジャズにはレイス・ミュージックという偏見がまだまだ強かった時代なので、“ジャズっぽいけどクラシック寄り”というスタンスがウケたと考えられる。

ライトなサウンドを決定づけた“元祖”

1960年代のジャズ・シーンでは公民権運動とリンクしたコンセプチュアルかつ“アフリカ的”なサウンドが勢力を拡大していく一方で、1962年にはボサノヴァ旋風がジャズ・シーンにも及び、1967年に発足したCTIレーベルは“大衆にアピールするジャズを制作する”ことをポリシーにイージーリスニング路線を打ち出すなど、ライトでハイ・レヴェルなサウンドへのニーズが確立していった時期でもあった。

こうした流れを振り返ると、1960年代の初めに大ヒットした「白い渚のブルース」はイージーリスニングの在り方を決定づけた“元祖”であり、ビルクさんのソフトなクラリネットは“激しい時代”だったからこそ求められた“癒し”の処方箋として有効に機能したと言えるのではないだろうか。

ご冥福をお祈りします。

♪白い渚のブルース Stranger On The Shore