出掛ける前からジャズ気分:ダニーロ・レア & フラヴィオ・ボルトロ@丸の内COTTON CLUB

●公演概要

6月14日(金)

1st.show:開場17:00/開演18:30 2nd.show:開場20:00/開演21:00

6月15日(土)

1st.show:開場16:00/開演17:00 2nd.show:開場18:30/開演20:00

会場:丸の内COTTON CLUB

出演:ダニーロ・レア(ピアノ)、フラヴィオ・ボルトロ(トランペット)

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

大人の感性で力強く、そして美しく。イタリアを代表するピアニスト&トランぺッターがデュオで初登場、珠玉の伝統オペラを鮮烈に奏でる夜!

優しく優雅なタッチで聴く者を静謐な空間へと誘う1957年生まれヴィチェンツァ出身のジャズ・ピアニスト、ダニーロ・レアと、センス抜群のアドリブと滑らかで華やかな音色が特徴の'61年生まれトリノ出身のトランペッター、フラヴィオ・ボルトロ。ダニーロは「Trio di Roma」や「Doctor 3」等の活躍で世界に名を馳せ、日本デビュー『Romantica』(2009年)の躍動感ある演奏で国内ジャズ・ファンを唸らした。トランぺッターの父を持つフラヴィオは、ファブリッツィオ・ボッソとの『TRUMPET LEGACY』('06年)で大きな脚光を浴び、以降ヨーロッパを代表するアーティストとなる。2つの才能をイタリア・オペラに結晶したのが共演盤『Opera』('11年)。フラヴィオの情熱的で華麗な旋律をダニーロがしっとりと繊細に包み込む極上のアンサンブル。長年の友人であり、共にクラシックを学んだ経歴を持つこのデュオでしか成し得ないジャズとオペラが混在したイタリア音楽の魅力に惹きこまれることだろう。

出典:DANILO REA & FLAVIO BOLTRO|COTTON CLUB

この公演のポイントは2つ、“イタリアン・ジャズ”と“ジャズとオペラの混在”でしょう。

イタリアでハード・バップ系の“熱いジャズ”が盛んだったことは、1980年代の輸入盤ブームを知る人ならピンッとくるはず。

アメリカへ渡ったイタリア系移民(子孫を含む)でジャズ・ミュージシャンとして活躍している人も多いのですが、この10年くらいを見ると、イタリアに拠点を置いて活動するイタリア人ジャズ・ミュージシャンの活躍が目立つようになっています。たとえばハイ・ファイブという5人組のバンドなどは、その代表格ではないでしょうか。ちなみに、ファブリッツィオ・ボッソはハイ・ファイブのリーダーの1人です。

もう1つの“オペラ“に関しては、16世紀末にイタリア・フィレンツェでギリシャ演劇の復興から発展した歌劇であることからもわかるように、イタリアとは縁が深いものです。以降、19世紀に至るまで主流の座を譲らず、ロッシーニのような人気作曲家も送り出しました。

2011年にリリースしたデュオ作品『Opera』は、こうした歴史的な背景を取り込んでジャズの表現力の幅をさらに広げようとする画期的な試みと言えます。

伝統(オペラ)と革新(ジャズ)の融合する瞬間を、ステージの間近で体験できるチャンスです。

♪DANILO REA & FLAVIO BOLTRO:COTTON CLUB JAPAN 2013 trailer

♪Danilo Rea / Flavio Boltro Duo @ Umbria Jazz 2011

♪e lucean le stelle

では、行ってきます!