IBMの気象会社買収に続き、AppleのDark Sky買収は、面白い展開

iPhoneで朝窓の外をかざすと、午後の天気が見えるかも?

※noteマガジン「#アップルノート」からの転載記事です。その他のストーリーはこちらから

扱っている「Cloud」を、サーバだと勘違いしたわけではありません。

Appleは米国で有料気象アプリトップの「Dark Sky」を買収しました。すでにiOS向けアプリは「Dark Sky by Apple」名義となっており、Android、WearOS向けアプリは取り下げられました。いずれも、7月まで利用できるそうです。

Dark Sky Weatherのスクリーンキャプチャ(via App Store)
Dark Sky Weatherのスクリーンキャプチャ(via App Store)

こうしたスケジュールから考えると、おそらく9月にリリースされるであろうiOS 14では、新しいデザインの「天気」アプリが実装されるのではないか、と思います。

文明が生まれてから、人類に対して等しく影響する事象は減る一方です。打破できるとはいえ、生まれながらの環境に左右されて育ち、多くに国では教育や就職を左右します。しかし、数少ない人類共通の条件もあります。それは気象です。もちろん、気象環境が良い場所に、富める国が集まりがちではありますが…。

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2020年4月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事3本)

2020年4月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ