今月のテック8月:山火事対策に「ギガ不足」で炎上したVerizonと、5G、ネット中立性について

史上最大規模となったメンドチーノの山火事と、携帯通信(写真:ロイター/アフロ)

日本では、菅官房長官から「ケータイ料金が4割下げる余地がある」との政治的な圧力がかかり、議論を呼んでいます。

電波という有限な資源で大きな利益を上げている携帯電話会社に対しての消費者の風当たりは強いものの、より一層のデフレ圧力につながる経済への弊害の指摘や、そもそも株式公開をしている企業のビジネスに対して株主を無視して政治家が介入をすることも不適切と言えます。

なにより、既に低価格で通信サービスを展開しているMVNO、いわゆる格安SIMのビジネスを阻害することになります。

ちなみに、私は2011年から2013年まで、米国最大手のVerizonを使ってきました。家族2人で月額140ドルもの料金にも関わらず、たった2GBの通信量しか利用できませんでした。

そこでiPhone 6登場を機に、2014年にVerizonからT-Mobileに乗り換えました。ちょうどクリスマスシーズンのセールだったこともあり、家族2人で100ドルで、通話、SMS、4G LTE通信が無制限(Unlimited)と、大幅に条件が良くなりました。

現在では他社も同程度の価格でのUnlimitedプランを提供しています。しかしVerizonは、3つの「go」「beyond」「above」というUnlimitedプランを用意しました。

既に分かりにくいのですが、goプランではビデオはDVD画質止まりで頻繁に速度低下が起きます。beyondプランは毎月22GBまでは速度低下せずに利用でき、720pのHD画質でのビデオが楽しめ、aboveプランは毎月75GBまで高速通信が楽しめますが、ビデオ画質は720p止まり。

そもそも、こうしたプランの提供ができた背景には、インターネットサービスに関する大きな方針変更がありました。

----

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2018年8月サンプル記事

松村太郎

価格

540(記事2本)

2018年8月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ