Apple、9月12日にスペシャルイベントを開催

筆者が受け取ったAppleスペシャルイベントの招待状。

Appleは米国時間8月30日に、2018年9月12日に開催するスペシャルイベントの招待状を送付しました。例年通りであれば、新型iPhone、新型Apple Watchなどの新製品が発表されることになります。

今回のイベントの招待状は久しぶりに黒い背景。そしてゴールドの文字で、Apple Parkの円形のロゴと、「Gather round.」(周りに集まる)というコピーが書かれています。

Walletアプリに読み込まれたイベントのチケット。券面に二次元コードはなく、金色のAppleロゴの一部が描かれている。
Walletアプリに読み込まれたイベントのチケット。券面に二次元コードはなく、金色のAppleロゴの一部が描かれている。

2018年モデルのiPhoneは、iPhone Xのコンセプトを新モデル全てに波及させる「移行完了」の時期と言えます。iPhone Xの後継モデル、これを大型化した有機ELディスプレイのモデル、そしてホームボタンなし・TrueDepthカメラ搭載の液晶ディスプレイモデルの追加が予測されています。

会場は昨年と同じ、Apple ParkにあるThe Steve Jobs Theaterでの開催となります。今回は、招待状がプレスにメールで送付され、参加の確認をすると、iPhoneのWalletにパスが登録される仕組みとなりました。

券面には二次元コードはなく、右下に電波のアイコンがあることから、当日はNFCでの受付をすることになると見られます。このあたりは、今年はじめての方式になりそうです。

レセプションセンターを抜けてからの様子、Steve Jobs Theater内部については、 #アップルノート の最新記事でご紹介しています。

#アップルノート: 9月12日のイベント - 2017年のSteve Jobs Theaterふり返りと、今年の予測

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ