WSJ: iPhone 8には曲面有機ELディスプレイとUSB-Cが搭載される?

iPhoneのLightningコネクタもヘッドフォン端子に続き廃止されるのか?

Wall Street Journalは、東京発のニュースとして、「iPhone 8には曲面有機ELディスプレイが搭載され、これまでのLightningコネクタに変わり、USB-Cコネクタとなる」という記事が掲載しました。

https://www.wsj.com/articles/apples-next-iphone-will-have-a-curved-screen-1488260583

これまで次期iPhoneについては、「3モデル構成」「スペシャルモデルには5.8インチ有機ELディスプレイ」「ホームボタンを廃止し、ファンクションバーが搭載される」「5.8インチモデルは4.7インチモデルと同等のサイズ」「ワイヤレス充電対応」といった予測がささやかれていました。

今回のUSB-C搭載は、次期iPhoneに関する新たな予測として追加されることになります。ただ、USB-C対応については、否定的な見方も強く、Gizmodoは「まったく正気ではない」、Vergeは「あいまい」としています。

http://gizmodo.com/this-wsj-iphone-8-rumor-is-absolutely-insane-1792817865

http://www.theverge.com/2017/2/28/14760400/iphone-8-2017-rumors-usb-c-lightning

もしもWSJがいうように、曲面有機ELディスプレイとUSB-Cを搭載したら、それはSamsung GALAXY Sシリーズとの違いを見出しにくくなります。実際、SamsungがAppleのiPhone向けの有機ELディスプレイを1億6000万枚を受注したという情報も流れました。

https://thenextweb.com/apple/2017/02/13/apple-samsung-iphone-8/#.tnw\_4uelyYeL

この時期、毎年そうなのですが、若干の情報戦として、一歩引いてみておいた方が良い部分もあります。

現在バルセロナでMobile World Congressが開催されており、Androidスマートフォンの新モデルのお披露目とその話題が流れてきています。iPhoneはMWCには関係ないデバイスですが、同じようなタイミングで、次のiPhoneの噂話が盛り上がります。

例年、9月発売されるため、製造に向けて情報が出てくるタイミングと重なっていることを差し引いても、iPhoneの話題が一定のメディアの「枠」を占めるべく、様々な情報が伝わってきているような印象を受けています。

例えばWSJの話題もその1つの文脈に含まれますが、半分冗談として、「次のiPhoneの仕様の予測として曲面ディスプレイとUSB-C搭載という情報が流れていたけど、3月29日にニューヨークで発表される予定のGALAXY S8は、噂のiPhoneの仕様を先取りしたデバイスでしょ」という複線にも見えてきます。

話を戻しましょう。

次のiPhoneのコネクタについて、伝送速度、充電速度を優先したUSB-Cへの移行、というロジックは理解できます。しかし『業界標準だから』という理由でのUSB-C採用は考えにくいところです。だったら先にやってる、という話です。

充電とオーディオのワイヤレス化が進むなら、コネクタの役割は大きく変わってくることになります。あるいは、コネクタなしでも成立する可能性が高まってくるわけです。

ちなみに、個人的にはLightningを引き続き採用して欲しいところです。Lightningを2012年の採用以降、すでに充電ケーブルからマイクなどのアクセサリまで、その多くがやっとLightning化されてきたからです。

Appleは最近、アクセサリ類もLightningを採用するようになりました。Magic TrackPad 2、Magic Mouse 2、Magic KeyboardといったMac向けのキーボードやマウスは、Lightning接続で充電とペアリングを行う仕組みです。

また、iPad Proと組み合わせるApple Pencilも、Lightningコネクタがペン先と反対側の端にあり、やはり急速充電とペアリングに利用できます。最近発売されたワイヤレスヘッドフォンAirPodsやBeatsXもLightningコネクタを搭載し、充電を行う仕組みとなりました。

Lightningのエコシステムが拡がっている現在、それを捨ててしまうのか、疑問が残ります。

ただ、今までがLightningで、2012年に変更して日が浅いから、引き続きLightningを採用し続けるだろう、という見立ても成立しません。Appleは率先して、新しいコネクタを採用し、その優位性を業界に先駆けて採用してきた企業だったからです。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額324円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュース 個人編集部ピックアップ