ComcastとAppleの交渉、期待すること

下から、Comcastのケーブルボックス、Apple TV、そしてテレビ。

Appleが米国大手のケーブルテレビ会社Comcastと交渉しているという噂が、Wall Street Journalで伝えられました。Appleとリビングルームのテレビを結びつける材料であり、米国でも注目されるニュースになっています。

これに関連する製品として、Appleには「Apple TV」というテレビに接続してネットやMacなどのコンテンツをリビングで視聴するプロダクトがあります。またSteve Jobs氏の伝記ではテレビ業界を音楽や携帯電話と同様に変革したいという示唆が読み取れます。そのためか、どんな取り組みがあるのか、気になるのも無理はないでしょう。

ちなみに米国でソチオリンピックを見ようと思ったら、いくら有料ストリーミングなどにお金を払う意志があっても、ケーブルテレビを契約しなければ、テレビ・アプリともに視聴出来なかった、という経験があります。羽生選手の金メダルの滑りの2時間前に、Comcastに駆け込んで観戦できました。

確かに、この部分は、変革のしようがある、と身を以て体験した次第です。

日本では、gorin.jpやNHKなどでストリームやアーカイブが見られたと聞きます(米国でもアプリはダウンロードできますが、映像は流れてきません)。英国でもBBCがばっちりカバーしていたというのに、米国ときたら…。

さて、ComcastとAppleの話に話題を戻します。

私の体験上、せっかく自宅にケーブルのネット回線とApple TVがあるのだから、この両社が組むなら、1回の試合や1週間の期間などでもよいので、ソチオリンピックをネットを介してライブ放送で見られるようにしてほしい、ということです。

欲を言えば、お金を払って視聴したコンテンツを、iTunes in the Cloudで保管し、いつでも好きなときにApple TVやiPhone・iPad・iTunes(Mac/PC)で見られるようにしてくれると、それをメリットにライブコンテンツを購入して、繰り返し観ることができると、放送+録画機という現在のテレビの体験を、Appleがリプレイス可能になります。

こうしたライブチャンネルのストリーミングやコンテンツ化・販売可能化をComcastとAppleがトラフィックの融通とともに取り組んだらどうでしょう。もしもテレビを変革できるとしたら、この部分になるのではないか、と考えました。

ただし、日本でこうしたサービスが直ちに利用できるかという期待は持たない方が良いでしょう。iTunes関連のサービスになるはずで、他のAppleのハードウェアやソフトウエアと違い、環境が整備された国から順次開始、というスタイルを取っているためです。

例えば、iTunes Storeでの音楽の購入は日本でも米国でも可能ですが、音楽ストリーミングを行うiTunes Radioは現段階では日本で利用できません。映像コンテンツのビジネスモデルが違う場合は、米国の実情に合わせた環境整備がそもそも行われない可能性もあり、となるとサービスは利用できないままになってしまうからです。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額324円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ