わが国の税制について審議する、政府税制調査会(内閣総理大臣の諮問機関)は、4月4日に開催した第8回総会で、デジタル化が社会に与える影響をテーマに、3人の第一人者にプレゼンテーションをして頂いた。

プレゼン順に、慶應義塾大学の宮田裕章教授からは「デジタル革命の先にある新しい社会」、東京大学の森川博之教授からは「デジタルへの向き合い方」、東京大学の松尾豊教授からは「IT・AIの進化と地方再生」と題して、お話を頂いた。3先生には、ご多忙の中お話し頂き、深く感謝申し上げたい。

その模様は、ライブでも生配信されたが、見逃し視聴のように、2022年4月18日まで、下記のリンクから誰でも無料で視聴できるようにしている。

第8回税制調査会の審議中継

3先生のプレゼン資料も公開されており、第8回税制調査会(2022年4月4日)資料一覧から、無料でダウンロードできるようになっている(これは期限なし)。

税制と全く関心がなくとも、デジタル化が社会に与える影響というテーマでこの道の第一人者である3先生の講演を視聴できる。

そもそもはというと、政府税制調査会では、今後の税制のあり方を議論する上で、経済社会の変化と今後の行方を見定めながら、時代に即した税制を検討しているところで、その議論のために外部有識者をお呼びしてヒアリングをしているが、その第1弾として、デジタル化への対応ということで第8回総会を開催した。

その意味で、税制への関心の有無を問わず、今回のヒアリングの模様を、多くの方々にもご覧頂けると、それだけでもとても高い価値があると思う。

なお、この会議の模様は、動画としての公開は4月18日までだが、後日議事録として文字に起こして公開されることとなっている(これは期限なし)。