次なる目標は甲子園、U-18代表!アジアで躍動した侍ジャパンU-15代表の好素材たち

U15アジア選手権連覇を果たし喜ぶ選手たち(筆者撮影)

 8月19日から25日まで、中国広東省深セン市で行われた第10回BFA U15アジア選手権。野球日本代表「侍ジャパン」U-15代表は大会通して無失点の全勝で2大会連続3回目の優勝。同選手権を日本勢として初の連覇、海外開催でも初優勝となる快挙だった。

※同選手権では、アジア地域における野球の普及と発展のため、硬式球に近い性質でありながらも安全性が高く、表面が革でなくゴム素材のため雨の多い国でも長持ちするKENKO WORLD BALL(通称Kボール)を使用。そのため、U-15代表の選手たちは一般財団法人日本中学生野球連盟が主管し、中学校の野球部やクラブチームで軟式野球をしている選手たち約18万名から18名を揃えてこの大会に臨んだ。

5試合無失点。盤石の投手陣

 特に活躍が目立ったのが大会通して無失点だった投手陣だ。

 エース格を任されたのは本格派右腕の上加世田頼希(門真ビックドリームス)。177cm76kgの体格から130キロ台後半のストレートとスライダー、チェンジアップ、スプリットなどを制球良く投げ込む。今大会では山場となる台湾戦と韓国戦に先発した。

 昨年のU-15W杯で日本を破り3位に入るなど身体能力の高い台湾戦では「ストレートとスプリットが良かったです」と振り返ったように、4回1安打無失点で抑えて試合を作った。韓国戦では長打や四死球で出塁を許し大会規定による球数制限がある中で苦しい投球にはなったが、味方の好守や要所を締める投球を見せて3回途中までの登板で相手にホームを踏ませなかった。

 他にも投手陣では両試合に救援登板した左腕・坂本海斗(明豊中)と右腕・松井悠真(菊池市立菊池南中)は伸びのあるストレートとキレのある変化球のコンビネーションと強心臓が光った。

 また、開幕戦のフィリピン戦で5回無安打無失点に抑えて勢いに乗った右腕・川島新大(草加市立川柳中)は、韓国戦でも4回から6回の3イニングを1安打無失点に抑えて最優秀投手に選出。やや斜めからボールをリリースしナチュラルにシュートするような独特の球筋で両コーナーを突ける制球力は今後も武器になりそうだ。

上加世田頼希(門真ビックドリームス)
上加世田頼希(門真ビックドリームス)

野手にも攻守で好素材が

 守備で大きな輝きを放ったのはベストナインに選出された捕手の渡辺優斗(門真ビックドリームス)と遊撃手の山下恭吾(久留米ベースボールクラブGO AHEAD)だ。渡辺は5試合中4試合マスクを被り、要所で盗塁を刺し、リードで投手の特長を引き出した。試合前に平井成二コーチとテーマをしっかりと決め、試合では投手の特徴によってミットを構える位置を工夫したり、配球を自在に組み立てるなどした。韓国戦では初回に山下の素早い中継プレーからの返球が難しいショートバウンドになったがミットを低い位置から丁寧にすくい上げて、そのままタッチ。間一髪アウトにして先制を防いだ。

 また山下は、捕球やバウンドの入り方から送球までの一連の動作が流れるように行うことができ、今年の中学硬式を見渡しても彼ほど守備の上手い中学生遊撃手は見当たらないのではないかと思えた。

渡辺優斗(門真ビックドリームス)
渡辺優斗(門真ビックドリームス)
山下恭吾(久留米ベースボールクラブGO AHEAD)
山下恭吾(久留米ベースボールクラブGO AHEAD)

 打撃で大きな役割を果たしたのは「1番・レフト」で全試合に出場した浅野翔吾(高松市立屋島中)。今大会では6割を超える出塁率を記録し、対台湾・韓国の両試合でも安打を記録。韓国戦では相手投手の暴投を見逃さずに本塁へ激走し虎の子の1点を挙げた。今大会では左翼手だったが自チームでは捕手も務め、172cm83kgの筋骨隆々の体格ながら足も速い。そのパワフルな打撃は硬式に移行する高校でより本領を発揮しそうで、将来が楽しみだ。

浅野翔吾(高松市立屋島中)
浅野翔吾(高松市立屋島中)

 他にも自らの技術を正確に試合で発揮できる選手たちばかりで、高い身体能力を誇る台湾やパワーに優れる韓国を相手に勝ち切ることができた。この18名のみが経験できた貴重な財産を生かし、今後の野球人生や日々の学校生活に大きく繋げていってもらいたい。

閉会式で表彰される侍U-15代表の選手とスタッフたち。この大会に参加した一人ひとりのさらなる活躍を願わずにはいられない(筆者撮影)
閉会式で表彰される侍U-15代表の選手とスタッフたち。この大会に参加した一人ひとりのさらなる活躍を願わずにはいられない(筆者撮影)

文・写真=高木遊