アップルが9月14日10時(日本時間9月15日午前2時)より、スペシャルイベントを開催すると発表しました。

 毎年、新型iPhoneが発表されているこのイベント。今年はどんな新製品が発表されるのでしょうか? 気になっている人のために、これまでに出た予測をまとめてみました。

スマートフォン『iPhone 13』シリーズ

 目玉となるのはやはりiPhone 13(仮称)です。「13」の数字が英語圏では不吉なため、当初は「iPhone 12s」になるのではないかとも言われていましたが、いまのところ「iPhone 13」呼びが主流です。

 「s」をつけるときはマイナーアップデートにとどまるため、今年はメジャーアップデートになると期待して良いのかもしれません。

 大きな変化としてはディスプレイです。iPhone 13ではディスプレイ上部の切り欠き(ノッチ)が12よりも小さくなり、リフレッシュレートも120Hzとこれまでより映像がなめらかに再生されるようになると言われています。

 つまり、iPhoneユーザーがいつも目にするところが変化します。

 もうひとつはカメラのアップデートです。iPhone 12 Pro Maxのみに搭載されていたセンサーシフト式手ぶれ補正が全機種に採用され、超広角カメラもオートフォーカスに対応するという話です。

 それにともない、カメラの出っ張り(バンプ)部分がこれまでより大型化。そのため12で使っていたケースの流用はできなくなります。

 丸みを帯びたデザインから四角へ、というような大きな変化はありませんが、こうした細かいながらもiPhoneの表と裏の両方の見た目が変わるところがメジャーアップデートとみなされているのかもしれません。

 このほかA15チップへのアップデート、Wi-Fi 6Eのサポート、多数の国でのミリ波5Gのサポート、最大1TBのストレージモデルの登場などが予測されています。

 なお、当初は画面内(アンダーディスプレイ)指紋認証の搭載もうわさされていましたが、現在は来年のiPhone 14に持ち越されるだろうとの見方が有力視されています。

 iPhone 13シリーズはiPhone 12のときと同じく5.4インチのiPhone 13 mini、6.1インチのiPhone 13とiPhone 13 Pro、6.7インチのiPhone 13 Pro Maxのラインナップになるとみられています。

完全ワイヤレスイヤホン『AirPods(第3世代)』

デザインはAirPods Proに似るという。Appleより
デザインはAirPods Proに似るという。Appleより

 続いては完全ワイヤレスイヤホンAirPodsの新型です。

 AirPodsシリーズの普及版となるこのモデルの第3世代は、デザインがAirPods Proによく似たものになると言われています。

 ただし、Proの目玉機能であるノイズキャンセリング機能は搭載されません。

 このほかオーディオ機能用に使われているH1チップの後継であるH2チップへのアップグレード、充電ケースのバッテリー容量の増加などがうわさされています。

 手頃な値段、かつProと同じような見た目。音楽をよく聞くiPhoneユーザーには、魅力的な選択肢となりそうです。

スマートウォッチ『Apple Watch Series 7』

 スマートウォッチのアップルウォッチも新型が出るという話です。

 Apple Watch Series 7は、形がこれまでの曲面からフラットデザインに変化します。

 これによりサイズがこれまでの40mmと44mmから、41mmと45mmへと少しアップ。ベゼル(縁)も狭くなるため、より大きなディスプレイで情報を確認できます。

 そのほか血圧や血糖値の測定機能などの搭載もうわさされていましたが、こちらも現在では「8」に持ち越しになるとみられています。

小さいサイズに大きな画面のタブレット『iPad mini(第6世代)』

 小型のタブレットiPad miniも新型があるとのうわさです。

 こちらはホームボタンが削除され、ベゼルも狭くなるため小さなサイズにもかかわらずディスプレイサイズは大きくなるとみられています。

 また、ホームボタンはなくなるもののiPad Airと同じく側面の電源ボタンに指紋認証Touch IDが搭載されることから、将来的には「iPad Air mini」になるのではないかとの話も出ています。

安価なタブレット『iPad(第9世代)』

 タブレット端末iPadも、iPad(第8世代)が品薄になっていることからiPad(第9世代)が出るのではとうわさされています。

 こちらはプロセッサがiPhone 12と同じA14チップにアップグレードされるとみられています。

 ほかに大きな機能追加はなく、お求めになりやすいアップル製タブレット端末の役割は変わらないものと思われます。

新型MacBook Proは別イベントに?

 このほかミニLEDディスプレイを搭載した14インチ、16インチMacBook Proのうわさも出ていますが、こちらは別のスペシャルイベントになるのではという予測です。

 たしかにこれまでうわさに上がってきた端末が発表されるのであれば、新型MacBook Proでもうひとつイベントをやっても注目されそうです。

 これらのうわさが本当なのかどうかは日本時間9月15日午前2時にわかります。楽しみに待ちましょう。