アレルギー表示漏れとその後の対応で炎上したホテル舞浜ユーラシアが謝罪を発表

中華丼にエビのアレルギー物質表示がなかったが、実際は入っていた(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

 ホテル内レストランのメニューにアレルギー物質の表示漏れがあり、食事後にアナフィラキシー症状が出たことを『Twitter』で報告され炎上したスパ&ホテル舞浜ユーラシアが、1月6日、公式ホームページで謝罪を発表しました。

中華丼にエビ表記なし→食べるとなかからエビ

 この問題は1月5日、同ホテル内のレストラン『オーキッド』を訪れた方がアレルゲン表記を見て珍しくエビが入っていない中華丼があることに気づき、それを注文したところから始まりました。

問題のメニュー表。中華丼にエビ表示なし。ラーメンに小麦、卵の表示なしとほかにも表記漏れが。『オーキッド』より
問題のメニュー表。中華丼にエビ表示なし。ラーメンに小麦、卵の表示なしとほかにも表記漏れが。『オーキッド』より

 甲殻類アレルギーを持つというこの方が喜びながら中華丼を食べたところ、なんと中華丼のなかからエビが。

 「アナフィラキシー症状が出るかもしれない」とレストランの支配人に伝えますが、支配人からは「中華丼には海老が3匹入っております!」とエビが入っていることを知りながらメニューの誤表記を放置しているかのような返答をされたとのことです。

 その後、この方は嘔吐や蕁麻疹といったアナフィラキシー症状が出たため、救急外来へ行くことになったと伝えています。

レストラン側は「ご勝手になさってください」と対応?

 また、アナフィラキシー症状の処置後にレストラン側に連絡を取るも、体調を気づかう言葉はなく、治療費を負担してくれるのかもわからず、(おそらくは付き添いのために)途中で食事を止めた夫の分の飲食代もしっかり請求されたとのことです。

 さらには電話のなかで救急外来にかかったことを「保健所に届けを出して良いか」と聞いたところ、「ご勝手になさってください」と驚きの返事が返ってきたそうです。

 ホテルにもこのことを連絡したそうですが、ホテル側も「それはレストランの管轄になります」と取り合って貰えなかったとのことでした。

ホテル「深くお詫び申し上げます」と謝罪

 こうした対応を受け、この方は『Twitter』で一連の流れを報告。

 その対応内容にレストランもホテルも炎上する事態となりました。

 翌6日、ホテル側は公式ホームページにて「メニュー誤表記に関するお詫びとお知らせ」と題し、アレルゲンの表記漏れのお詫び、使用している食材の管理などの見直し、メニューにおけるアレルゲン表記の中止などを発表しました。

対応について謝罪文で触れず

 ただ、今回の謝罪ではレストランの支配人、およびホテル側の担当者の対応についてはまったく触れられていない状態です。

 触れにくい話題だとは思いますが、炎上をまねいたのはアレルギー物質の表示漏れよりも対応の中身だと考えられるため、報告された対応内容が事実かどうかもふくめて説明しなければこの炎上は鎮火しないものと思われます。

担当者は多忙のため捕まらず

 なお、謝罪発表を受けてアレルギー物質の表示の記載が再開されるのか、実際にこのような対応だったのかどうか筆者はホテル側に問い合わせましたが、担当者多忙を理由に直接話を伺うことができませんでした。

 この件を報告した方は「市川保健所から『指導をする必要があるため早急に対応をする』と回答があった」ことを伝えているため、こちらの対応に追われているものと思われます。