Twitter、反ワクチン対策実施へ。キーワード検索で厚生労働省の予防接種情報ページを案内

『Twitter』で「ワクチン」と検索すると表示される案内。筆者キャプチャ

 SNS『Twitter』がiOS・Android公式アプリにて、「ワクチン」をふくむキーワード検索を行うと厚生労働省の予防接種情報ページを案内する反ワクチン対策を5月5日ごろより実施していることがわかりました。

 「ワクチン」のみの検索だけではなく、「ワクチン 危険」や「ワクチン いらない」など、キーワード内に「ワクチン」があればその全てで予防接種情報ページへの案内が表示されます。

キーワード「ワクチン」が含まれていれば表示される。筆者キャプチャ
キーワード「ワクチン」が含まれていれば表示される。筆者キャプチャ

 ただし、この反ワクチン対策が行われているのは記事執筆時点ではアプリのみに留まっており、Webページからの検索では表示されません。

反ワクチン対策強化に追われるSNS

 こうした反ワクチン対策を行っているのは『Twitter』だけではありません。

 動画共有サービス『YouTube』は、2019年2月に反ワクチンを呼びかける動画の広告収益を無効化。

 「有害で危険なコンテンツ」に広告が表示されないようにすることで、言論の自由は守りつつも金銭目的でワクチンへの恐怖を煽る行為を防ぐよう動いています。

 また、『Facebook』も同月に反ワクチン情報の削除を検討していることを発表。翌3月にはワクチンに関する誤った情報を検索結果から削除したり、広告掲載を拒否したり、そのような情報を繰り返し共有するグループを検索で表示しにくくしたりする対策を行うと発表しました。

アメリカでの麻疹(はしか)流行が背景に

 こうした反ワクチン対策が相次いで実施されている背景には、アメリカでの麻疹(はしか)の流行があります。

 アメリカでは2000年に麻疹の撲滅宣言が行われましたが、近年はワクチン未接種者の増加により麻疹が再流行しているのです。

米国で麻疹(はしか)の流行拡大に歯止めがかからない。米疾病対策センター(CDC)が29日公表した2019年の累計患者数(4月26日まで)は704人だった。14年通年(667人)を早くも上回り、米国が麻疹撲滅宣言を出した2000年以来で患者数が最多となった。

CDCによると、患者の多くはワクチン未接種の子供が占める。

出典:米国で麻疹流行、2000年以来最悪 非常事態宣言も (写真=ロイター) :日本経済新聞

 この原因のひとつとして、反ワクチン対策を実施せず、野放しにしているSNSが批判されているというわけです。

 今回『Twitter』が誤った情報の拡散を防ぐだけではなく、正しい情報を掲載している厚生労働省の予防接種情報ページを案内しているのは反ワクチン情報に悩まされている親御さんの助けになるため、とても良い判断だと筆者は思います。

 できればWebページの検索画面でも対応して欲しいものです(そのうち対応されるとは思いますが)。