米グーグル、入力したIDとパスワードが漏洩していないかチェックするChrome拡張機能を無料で公開

漏洩している場合は警告を表示。Googleより

 米グーグルは、ブラウザ『Chrome(クローム)』上で入力したユーザー名とパスワードが漏洩していないかどうかわかる拡張機能『Password Checkup』を2月5日に公開しました。

 『Password Checkup』はユーザーが入力したユーザー名とパスワードの組み合わせが、これまでに漏洩が確認されている40億件以上の認証情報から一致するものがないかチェックしてくれる拡張機能です。

 この拡張機能はユーザー名とパスワードの両方が漏洩している認証情報に一致した場合のみ警告を表示するものであり、たとえば「123456」といった弱いパスワードを入力しただけでは警告されないとのことです。

 なお、入力されたユーザー名とパスワードは複数回のハッシュ化を行い、グーグル側にもわからないよう暗号化されているため安全だということです。