Windowsアップデートでファイルが勝手に削除されてしまう問題が発生。マイクロソフトも配信を中止

(写真:ロイター/アフロ)

 米マイクロソフトが10月2日(現地時間)から配信した「Windows 10 October 2018 Update」にて、アップデートを実行するとユーザーのファイルが勝手に削除されてしまう不具合が一部で確認され、問題となっています。

 不具合の例は海外の掲示板『Reddit』などで報告されており、ユーザーフォルダ内のパブリックフォルダや「マイミュージック」や「マイビデオ」といったライブラリフォルダに保存していたファイルがアップデート後に削除されてしまうというものです。

 現状、削除されてしまったファイルは、ユーザーが個人でバックアップをとっていない限り復旧できないとみられています。

マイクロソフトも配信を中止

 これをうけてマイクロソフトはサポートWebサイトにて、「アップデート後に一部のファイルが削除されたユーザーの調査を行うためにすべてのユーザーに対して公開を一時停止しました」と発表。

 実際に筆者の手元にある「Windows 10 October 2018 Update」を行っていないWindows PCで確認してみたところ、同ファイルの配信が表示されない状態でした。

 なお、マイクロソフトは不具合が発生していると思われる場合は、現地のカスタマーサービスに連絡してほしいと案内しています。