アップルの新型iPhoneは5色展開か。レッド、オレンジ、ブルー、グレー、ホワイトのラインナップ

5色展開といえばiPhone 5cが思い出されます(写真はiPhone 5c)(写真:長田洋平/アフロ)

 アップルが今年発売するとみられている新型iPhoneは、グレー、ホワイト、ブルー、レッド、オレンジの5色展開になると米メディア「9to5Mac」が報じています。

 9to5Macはアップル製品に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏のレポートを取り上げ、有機ELディスプレイの6.5インチモデルのiPhoneはブラック、ホワイト、ゴールドの3色展開に、液晶ディスプレイの6.1インチモデルのiPhoneはグレー、ホワイト、ブルー、レッド、オレンジの5色展開になると伝えています。

 また、クオ氏のレポートは新型iPhoneの性能と価格にも触れており、6.5インチモデルは新たにデュアルSIM(DSDS)を採用したうえで価格は約1,000ドルに、6.1インチモデルは価格をおさえるためにシングルレンズカメラで約700ドルで販売される見込みだということです。

新型iPhoneの新色は以前からうわさアリ

 新型iPhoneのカラーラインナップについては、以前からいくつもうわさが流れていました。

 たとえば現行の『iPhone X』は、じつはシルバーとスペースグレイの2色展開ではなくゴールドもくわえた3色展開が予定されていたことが米FCCの資料から今年5月に判明しています。

 また、「安いiPhone」と呼ばれている液晶ディスプレーモデルも、米ローゼンブラット証券のアナリストがブルー・イエロー・ピンクのカラーラインアップになるという予測を同5月に伝えられたばかりです。

 今年のiPhoneはデザインの「かたち」では大きな変化をユーザーに見せられないため(iPhone Xと同じデザインだと伝えられています)、アップルはカラーを増やすことでデザインの違いを示すのではとみられています。