iPhone 7&7 PlusにiOS 11.3アップデートでマイク故障の恐れ。修理を受付中との報道

(写真:ロイター/アフロ)

 『iOS 11.3』以降のiOSをインストールした一部の『iPhone 7』と『iPhone 7 Plus』にて、マイクが故障する問題が起きていると海外メディアが報じています。

 この問題が起きたiPhoneでは、電話の着信中や発信中にスピーカーボタンが灰色に表示される(グレーアウトする)症状が出ます。

 ほかにもiPhoneで作成されたボイスメモや、動画の再生中に音が聞こえなくなる問題も起きるとのことです。

Appleが文書で修理の指示

 Apple系メディアとして名高い『Mac Rumors』と『9to5Mac』はともにApple正規サービスプロバイダに配布された文書を入手しており、それによるとAppleは症状が起きたiPhoneに対してBluetoothを使ったオーディオアクセサリを取り外したうえで症状が緩和されるかどうかをチェックするよう指示しているそうです。

 また、オーディオ診断を実行して「デバイスがドックを検出できませんでした」、「アクセサリがサポートされていません」という警告が表示される端末に対しては、Apple正規サービスプロバイダによる修理が許可されるとのことです。

 Appleはこの問題について今のところ公式な発表はしていないため、なぜこのような症状が起きているのかは不明です。iOS 11.3アップデート後にマイクに問題が起きている方は、Appleサポートやお近くのApple Storeに相談されてみてください。