Appleが新型『MacBook Air』の生産を2018年下半期に延期?

(写真:ロイター/アフロ)

 Appleが2018年に発売する新型『MacBook Air』の量産を、これまで予定されていた2018年第2四半期から同下半期へと延期すると台湾メディア『DigiTimes』が報じています。

 『DigiTimes』はサプライチェーンからの情報として、Appleは延期の理由をパートナーに対して説明していないものの、プロセッサなど主要部品の問題ではないかと推測されているとのことです。

 新型『MacBook Air』は液晶画面を現在のLCDディスプレイからRetinaディスプレイへと変更。さらにIntel製の最新ノートブック向けプロセッサを搭載し、そのうえで値段を現在の999ドルから899ドル、または799ドルへと引き下げるとみられています。