Appleが9.7インチの新型『iPad』を発表。教育向けは299ドル、一般向けは329ドルから

新しい教育向けのiPadはApple Pencilをサポート。Appleより

 3月28日(水)、Appleはシカゴの高校で開催したイベント「Let’s take a field trip.」にて教育向けの9.7インチの新型『iPad』を発表しました。

 新しい9.7インチのiPadの特徴は、現在10.5インチと12.9インチの『iPad Pro』でしか対応していなかった『Apple Pencil』のサポートです。

 また、教育向けにiCloudの無料ストレージが5GBから200GBに増量されているのもポイントです。

 そのほか気になるスペックとしてA10 Fusionチップ、10時間のバッテリー、8メガピクセルのリアカメラ、FaceTime HDカメラ、Touch IDセンサー、重さ1ポンド(約453グラム)などが発表されました。

 この新しいiPadの注文受付は本日からスタートで発売は今週中。価格は学校向けに299ドルから、一般の消費者向けには329ドルから販売されます。ただし日本は以前と同じく37,800円からとお値段据え置きのようです。

3月28日9時20分修正

 スペックをA10XからA10に訂正しました。