ポケモンGO、東北3県でレアポケモン「ラプラス」の出現率アップへ。観光客誘致が狙いか

東北3県へのお出かけを呼びかける告知画像。公式Twitterより

人気スマートフォンゲーム『ポケモンGO』が、11月12日(土)に開催される被災地復興支援イベントに合わせてレアポケモン「ラプラス」の出現率をアップさせていると発表しました。

11月12日に開催されるのは宮城県とのコラボイベント『Explore Miyagi』で、「被災地を旅して(ゲーム内でアイテムを入手できる)ポケストップを申請しよう」というものです。

この開催に合わせ、本日11月11日(金)から11月23日(水)までの約13日間、岩手県、宮城県、福島県の沿岸部でラプラスの出現率がアップするとのこと。

ポケモンGO側はユーザーに向けて、この出現率アップを機会に「東北の今を感じる旅に是非おでかけください! きっとPokemon GO以外でも素敵な発見がたくさんあると思います」と呼びかけています。

Pokemon GO Japanさんのツイート

宮城県は以前、北米や欧州でしか出現しないポケモンを期間限定で被災地に出して欲しいと提案していましたが、結局はラプラスで落ち着いたようです。これをきっかけに多くの人が東北3県を訪れてくれると良いですね。

Explore Miyagiのイベント公式サイトはこちら。

『ポケモン GO』×宮城県ポケストップ申請イベント

ラプラスとは?

出現率の非常に低いポケモン。強くて比較的入手しやすいポケモン「カイリュー」に対抗できるポケモンとして人気が高い。

9月18日に発生したお台場レインボーブリッジへのポケモントレーナー大量侵入事件も、このラプラスが引き起こしたと言われています。

ポケモンGO騒動…「違反アプリ」「ポケソース」が原因 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)