iPhoneの「1970年1月1日」バグ、アップデートで修正するとAppleが発表

「1970年1月1日」にすると使用不可能になるバグ。動画よりキャプチャ

iPhoneの日付を「1970年1月1日13時00分」に設定すると、再起動後にiPhoneが使用できなくなるバグについて、Appleが「今後のソフトウェアアップデートで修正する」と発表しました。

If you changed the date to May 1970 or earlier and can’t restart your iPhone, iPad, or iPod touch - Apple Support

Appleの発表によると、このバグは「手動で日付を1970年5月以前に変更する」ことで発生するとのことです。つまり、時間帯を13時に指定しなくても被害に遭います。

バグの解決法は?

デマに騙され、もしくは興味本位でバグを発生させてしまった場合は、お近くのApple StoreのGenius Bar(ジーニアスバー)へと修理に持ち込む必要があります。

また、未確認ではありますがiPhone本体のバッテリーを完全に消耗させることで日付にリセットがかかり、バグから復旧できるとの話もあります。

いずれにせよ、手動で日付を変更しないことが一番の対応策です。気をつけてください。

実際にバグを実験した動画(参考)