韓国サッカー界の“永遠キャプテン"パク・チソンがアジア歴代最高の"ワールドカップの英雄"に選ばれた。

パク・チソンは4月16日、アジアサッカー連盟(AFC)が専門家とファン投票を総合して発表した"アジアのワールドカップ英雄" 1位になった。

AFCは今月初め、“FIFAワールドカップで活躍した5人のヒーロー”を選出していた。

「ワールドカップアジア予選が延期された今、時計を戻して、世界の舞台で輝いたアジア勢5人の選手の功績を再評価する」と伝え、パク・チソン、サーミー・アル=ジャービル(サウジアラビア)、アリレザ・ベイランヴァンド(イラン)、ティム・ケーヒル(オーストラリア)、本田圭佑(日本)の5人を選出し、彼らのうち最高を選ぶオンラインファン投票を行い、専門家の意見も汲み上げて順位を決めた。

(参考記事:欧州で激写!! 引退パク・チソンは今、どこで何をしているのか)

全体結果のうち25%が反映されたファン投票ではベイランヴァンド、本田、アル=ジャービル、パク・チソン、ケーヒルの順だったが、専門家の分析ではほぼ正反対の結果が出た。

パク・チソンが最初に選ばれ、ケーヒル、アル=ジャービル、本田、ベイランヴァンドの順だった。

これによって総合順位は1位パク・チソン、2位ケーヒル、3位アル=ジャービル、4位タイにベイランヴァンド、本田となった。

トルシエはなぜ本田ではなくパクを評価したのか

専門家のパネリストには、日本代表で監督を務めたフィリップ・トルシエ、韓国代表と水原三星(スウォン・サムスン)でコーチを務め、イラン代表監督やJリーグの清水エスパルス監督などを歴任したアブシン・コートビー、タイ代表とラオス代表などを率いたイングランド出身のスティーブ・ダビ監督が参加した。

トルシエ監督はAFCホームページに掲載された評価で、「皆が自分の国で大きなインパクトを残した選手で、1位になる資格がある」としながらも、「最高はパク・チソン」と断言した。

トルシエ監督は「マンチェスター・ユナイテッドでタイトルを獲得した点や、韓国をワールドカップ・ベスト4に導いた経歴などから、パク・ソンが最も成功的だと言える」とし、「MFとしてチームに非常に大きな影響力を及ぼしたと思う」との意見を述べたという。

また、コートビー監督も「ボールがない状況でも休むことなかったパク・チソンの疾走は、韓国を2002年ワールドカップで最も躍動的なチームに作った。2006年ワールドカップでも決勝に進出したフランスを相手にゴールを決め、韓国に勝ち点をもたらした」と高く評価した。

ダビ監督も「パク・チソンはマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたアジアサッカーの先駆者だ。驚くほど優れた選手であり、チームのため、プロらしい器量を示した」と称賛した。