「もう限界…」TWICEらK-POPアイドルたちの個人情報を拡散しているのは誰か

TWICEのメンバーたち。一番右がチェヨン(写真:Keizo Mori/アフロ)

K-POPガールズグループのTWICEチェヨンの携帯電話番号が、SNS上に拡散されるという個人情報漏洩の被害に見舞われた。

チェヨンは1月26日、TWICEの公式Instagramに「何の意味もないかもしれない数字11ケタが、配慮と尊重に欠けた個人によってネット上に広まった」と自ら報告し、「引き下がってくれるのを黙って待つのは、もう限界のようです」と、意味深なメッセージを残している。

断固たる態度で綴られた文章によると、チェヨンは今回の被害によって「あらゆる電話とメールに覆われて、わざわざやらなくてもいい面倒事を経験している」という。

そして「こういう行為が多くの人々をいかに疲れさせ、不安にさせ、大変にさせるのか少しでも考えてみてほしい」と犯人を一喝、最後には「私はこういう問題に簡単に揺れる人ではない。怒りを抑えられずに書いたわけでもない。これが間違っていること、恥ずかしい行動であることをハッキリと教えたいだけです」と締めくくられた。

相次ぐサセン行為に事務所も強硬対処しているが

今回、チェヨンの携帯電話番号を流出したのは、TWICEのファンでドイツ人を名乗る男性だとされている。いわゆるサセン・ファンだ。

サセンとは「サセンファル(私生活)」を略した言葉で、文字通り「私生活を追いかけ回す」ファンのことを言う。

(参考記事:BTS、TWICE、EXOが訴えた「サセン(私生)ファン」たちの手口と苦悩)

男性はTwitterを通じて「あくまでも良い意図を持って番号を広めた」と明かしながら、自分には罪がないと主張したのだ。

しかし、男性のもとに他のファンによる抗議のメッセージが殺到したようで、挙句の果てには「私はいまファンから脅迫されていて怖い。チェヨンが気分を悪くしたなら謝るから助けてくれ。どうか文章を削除してほしい」とのツイートが投稿された。まさに形勢逆転である。

TWICEの所属事務所JYPエンターテインメントは、この男性を個人情報保護法違反の疑いで告訴することを発表した。ところがこの男性がTWICEのメンバーに対して問題行為をしたのが初めてではなかったらしい。

というのも、昨年末、NHK紅白歌合戦に出演したTWICEが日本から韓国に帰国する際、ナヨンと同じ飛行機に同乗して接近を試みるなど大きな騒動を起こした“ストーカー”と、今回の男性が同一人物というのだ。

男性は普段から「自分はTWICEナヨンと交際中」と主張しながら、TWICEが住んでいる街を撮影した動画をSNSに投稿するなど、芸能人の私生活を追っかける「サセン(私生)」行為をしてJYPエンターテインメントから刑事告発されたことがある。

にもかかわらず、今回はチェヨンの個人情報を漏洩したことで、他のTWICEファンからは男性に対する法的な処罰を要求する声が高まっている状況だ。

エスカレートしていくサセン・ファンたち

K-POP業界はここ最近、サセン・ファンによる個人情報漏洩に頭を抱えている。

実は携帯電話番号が流出するのは日常茶飯事のようで、例えばBTS(防弾少年団)のジョングクは以前、深夜のライブ配信中にかかってきた電話に対して「知らない番号からずっと電話がかかってくる。この時間だと宅配便でもないし…」と、顔を曇らせたことがあった。

また、前出のストーカーのように航空便の情報を入手して同乗するケースや、タクシーを貸切って1日中追いかけたり、自宅や個人スタジオなどに不法侵入したりするケースも少なくない。芸能事務所によってはサセン・ファンの「ブラックリスト」を作って管理するところもあるほどだ。

TWICEのみならず、アイドルを本気で応援するファンなら、適度な距離感を保つことこそがお互いのためだと理解しておくべきではないだろうか。

昨年からなにかとトラブル続きのTWICEだが、それらに足を引っ張られることなく、今年はさらなる活躍を繰り広げると信じたい。