最終回の韓国時代劇『オクニョ』の本当の結末?史書に記された登場人物の最期とは

韓国での制作記者会見より(写真提供=SPORTS KOREA)

NHK総合テレビで毎週日曜日夜に放映されてきた韓国時代劇ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』。昨年4月8日の第1話放送から始まり、本日4月28日放送分の第51話で、ついに最終回を迎える。

実際にはどんな時代だったか

主人公オクニョや彼女が王女であることを明宗(ミョンジョン)に明かしたユン・テウォン、そして苦渋の選択に迫られる明宗など、物語についてあまり詳しく触れてしまうとネタバレになってしまうのでここでは避けるが、意外に気になるのは「史実」ではどうだったかということではないだろうか。

そもそも『オクニョ』の舞台となっているのは、16世紀半ばの朝鮮王朝時代。朝鮮王朝第13代王・明宗(ミョンジョン)の治世の時代だ。ただ、王といっても明宗にはほとんど実権はなく、私利私欲に執着する数多く悪人たちが朝鮮王朝を牛耳っていた時代だったと言われる。

(参考記事:『オクニョ』最終回前に総まとめ!ドラマは歴史的事実をどこまで反映していたのか

そして、ドラマでも描かれてきた通り、当時の朝廷を握っていたのは明宗の母・文定大妃(ムンジョンテビ)。ドラマでキム・ミスク演じた文定大妃は1565年に64歳で死去しているが、歴史書『朝鮮王朝実録』で文定大妃は「罪人」となっている。

妖艶な悪女チョン・ナンジョンの最期とは?

ただ、この文定大妃以上の悪女として歴史に記録されているのが鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)だ。

『オクニョ』では女優パク・チュミの妖艶な悪女っぶりに不思議と引き寄せられてしまった視聴者たちも多いのではないだろうが、ドラマ同様に事実でも数多くの悪事を働き、「朝鮮王朝3大悪女」の1人とされているほどである。

(参考記事:「本当に40代!?」時代劇『オクニョ』の悪女チョン・ナンジョン役パク・チュミの美しき秘蔵写真

もともとの身分は奴婢(ぬひ)という最下層だったが、文定大妃の実弟で朝廷の高官だった尹元衡(ユン・ウォニョン)の妻にまで上り詰め、数々の悪行に手を染めたことは『オクニョ』を見てきた視聴者たちならすでにおわかりだと思う。

実際の尹元衡・鄭蘭貞夫婦が働いた悪事は数知れないが、その非道ぶりは俳優チョン・ジュノと女優パク・チュミが演じたそれよりも極悪で、その生き様も卑怯極まりないものだった。

尹元衡・鄭蘭貞の最期をここで詳しく書いてしまうとドラマ最終回の面白みが半減してしまうので割愛するが、2人の最期は実際にも哀れなものだった。

(参考記事:『オクニョ』登場の「史上最悪の夫婦」。ホントウの馴初めと哀れな最期とは?

オクニョ演じた女優チン・セヨンは日本でも人気者に

ちなみに文定王后、尹元衡、鄭蘭貞の死後、1567年には明宗も寿命が尽きた。1534年に生まれ、1545年にわずか11歳で即位した明宗だが、33歳の若さでこの世を去っている。母やその側近たちの悪事が国王の命を奪ったと言っても過言ではないかもしれない。

ただ、そういった史実をもとにフィクションという味付けを加え、エンターテインメントにしてしまうのが韓国時代劇の魅力のひとつでもある。

まして『オクニョ』を手掛けたのは“韓国時代劇の巨匠”イ・ビョンフン監督だ。監督が手掛けた『チャングム』や『イ・サン』『トンイ』などが日本でも高い人気を得ているが、『オクニョ』もその仲間入りを果たし、主人公オクニョを演じたチン・セヨンは日本でファンミーティングを開催するほどの人気者になった。

(参考記事:秘蔵写真に韓国現地情報も。時代劇『オクニョ』主役の美人女優チン・セヨンとはどんな人物か

そんな数々の話題を振りまきながら1年間に渡って日本全国の視聴者たちを楽しませてくれた『オクニョ』。今日で最終回を迎えてしまうことに寂しさを感じる視聴者たちも多いと思うが、劇中世界を最後の最後まで楽しみつつ、そのフィナーレを見届けてほしいと思う。