『スラムダンク』は今でも人気で『キャプテン翼』は拒絶されたワケ

世界各国で人気の『キャプテン翼』だが、韓国では……。(写真:アフロ)

スポーツ漫画大国と言える日本。そんな日本のスポーツ漫画がお隣・韓国でも人気を呼んでいることをご存知だろうか。そもそも韓国の漫画市場の年間売り上げは約7400億ウォン(約740億円)をも超えるとされており、そのうちの30%が日本作品で占めると言われている。最近は“webtoon(ウェブトゥーン)”と呼ばれるネット媒体限定のウェブマンガも人気だが、『ONE PIECE』など日本漫画の人気は依然として高いらしい。日本の漫画は売り上げランキングでも、韓国作家の作品を追い抜いて常に上位にランクインしているほどだ。

(参考記事:日本作品の比率は全体の3割! 進化する韓国マンガ界の事情)

そんな日本の漫画の中でもスポーツ漫画として今でも根強い人気を誇るのが、『スラムダンク』だ。日本では1990年代に人気を博し、韓国でも翻訳版が出版されると人気爆発。韓国では1997年に男子プロバスケットボールリーグのKBLがスタートしているが、その背景には『スラムダンク』の影響もあったと言われている。

ただ、当時は日本文化の規制が厳しく、桜木花道や流川楓といったお馴染みの登場人物の名前も韓国風の名前に変えられていた。それに反発したマニアたちの意向を受けて、昨年は日本で発売されたものが忠実に再現された“オリジナル完全版”が発売されたというのだから、その人気は本物だ。韓国語で書かれた表紙も味があって面白く、意外な都市伝説もあるらしい。

(参考記事:桜木花道は「カン・ベクホ」!? 韓国でもバスケブームを巻き起こした『スラムダンク』のすごさ)

この『スラムダンク』と並んで韓国の日本漫画マニアたちの間で長い人気を誇るのが、『H2 』だというのも意外だ。『ダイヤのA』や『おおきく振りかぶって』などの最新漫画がコミックスだけでなくアニメ版も放映されているそうだが、『H2』は今でもファンが多い。あだち充と言えば『H2』の前に『タッチ』だろうという意見も聞こえてきそうだが、どうやらそこには韓国ならではの事情もあるらしい。韓国で人気のドラマ『応答せよ』シリーズの脚本家やロック・ミュージシャンたちも、『H2』に影響されたドラマや楽曲を作ったと公言しているほどなのだ。

(参考記事:韓国で一番人気がある日本の野球マンガは『H2』!! でも『タッチ』は微妙なワケ)

もっとも、日本でヒットしたスポ根漫画がすべて韓国でヒットしているとも限られない。例えばサッカー漫画の不朽の名作『キャプテン翼』である。日本のサッカーブームの火付け役となり、日本代表やJリーガーたちはもちろん、ジネディーヌ・ジダン、アレッサンドロ・デルピエーロ、リオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタなど世代を超えた世界のスーパースターたちが“キャプ翼”のファンであることを公言しているが、どういうわけか韓国ではあまり認知度が高くない。以前、某雑誌から「“キャプ翼”を愛読していた韓国人選手を探して取材してほしい」と依頼を受けたこともあったが、なかなか選手が見つからなかった。

『キャプテン翼』が韓国で出版されなかったわけではない。『ナルアラ(翔べ)キャプテン』というタイトルで、1996~1998年にソウル文化社から翻訳出版されている。ただ、37巻までで、南葛中学を率いた大空翼が日向小次郎率いる東邦学園と両校同時優勝するまでで終わっている。ジュニアユース編も、その後に続くワールドユース編などは翻訳出版されなかったというのだ。韓国の漫画事情に詳しい関係者に聞いてみると、思いがけない答えが返ってきた。

「小学校、中学校の全国大会優勝を目指すまでは良いのですが、日本代表になって世界と戦う大空翼に共感する韓国人はいない。韓国でサッカー日本代表の躍進を読みたがる人はいませんから、中学編で終わったのでしょう」

つまり、サッカーでは日本に負けないという韓国のプライドが『キャプテン翼』を許さなかったわけか。ちなみに翻訳版では大空翼の名前が、「ハン(韓)・ナルゲ(翼という意味)」だったらしい。

いずれにしても、韓国にも何らかの影響をもたらしている日本のスポ根漫画。スポ根漫画ではないが、最近は『ドラえもん』や『ポケットモンスター』など日本の漫画とコラボレーションする韓国プロ野球チームも増えている。それも斬新なユニホームで公式戦を戦っているのだから驚きだ。種目を問わずスポーツでは“日本には絶対に負けない”と対抗心を燃やす韓国だが、日本のサブカルチャーには意外と寛容なのかもしれない。

(参考記事:ドラえもんブーム到来!?韓国スポーツと日本サブカルの意外な関係)

■5月28日追記

関連記事:『キャプテン翼』に感情移入できない韓国で人気が高い“意外な”日本のサッカー漫画とは? ヤフーニュース個人 2016/05/12