米国防総省の元ソフトウェアチーフオフィサーのニコラス・チャリアン氏は人工知能技術(AI)においてアメリカは中国に完全に負けていると語り、そのことを理由に国防総省を退職した。チャリアン氏は米国防総省で初のチーフソフトウェアオフィサーに就任した。しかし彼は国防総省がAI技術とサイバーセキュリティをプライオリティにしないことから国防総省に抵抗して、同省を退職したとファイナンシャル・タイムズなど米国メディアが報じていた。

チャリアン氏は「AI技術ではアメリカは中国に完全に負けており、15年から20年遅れていて、中国に比べるとアメリカのAI技術を活用した戦争、マシンラーニング、サイバー攻撃の技術は、幼稚園レベルのようなのだ」と語っていた。

軍事に活用が進められるAI技術とキラーロボット

AI技術の発展にともなって、AIの軍事での活用も進められている。アメリカと中国だけでなくイスラエル、インド、イギリスなどでもAI技術の軍事への活用は積極的に進められている。

様々な情報やデータを収集してマシンラーニングを行い、AI技術を強化させて、軍事での偵察や監視にも活用されている。AI技術の発展とロボット技術の向上によって、軍事でのロボット活用は進んでいる。ロボットは人間よりも3D業務(Dangerous:危険な、Dirty:汚い、Dull:退屈な)に優れている。疲れることもないし24時間稼働できるし、壊れたら代わりの軍事ロボットを持って来ればよい。特に国境警備は3D業務の典型であり、人間の軍人よりもロボットの方が適している。

またAI技術を搭載することによって、兵器の無人化も進んでいる。兵器の無人化が進むとともに「キラーロボット」と称される人間の判断を介さないで攻撃を行う自律型殺傷兵器が開発されようとしている。

一方で、人間の判断を介さないで標的を攻撃することが非倫理的・非道徳的であるということから国際NGOや世界30か国の政府、AI技術者らが自律型殺傷兵器の開発と使用には反対している。米国政府は自律型殺傷兵器の開発と使用には反対していない。