Facebook、イスラエルにAIの研究開発チーム設立:AIを新たな成長産業にしたいイスラエル

(写真:Moshe Milner/GPO/Shutterstock/アフロ)

 FacebookがイスラエルのテルアビブでAI(人工知能)の研究開発を推進していくチームを作った。「Data.AI」と呼ばれるチームは10人程度のエンジニアやAIの研究者で、AIの研究開発を行っていき、世界中で展開しているFacebookのサービスに応用していく。Facebookはイスラエルには200人のエンジニアや研究者、従業員がおり、ブロックチェーンの研究開発も行っている。

AIをサイバーセキュリティに次ぐ成長産業にしたいイスラエル

 イスラエルはサイバーセキュリティに非常に強い国家だ。イスラエルが世界中からサイバー攻撃を受けており、イスラエルにとって「サイバースペースの防衛」は「国土の防衛」と同義である。イスラエルには8200部隊と呼ばれるイスラエル参謀本部の一部署で、同国のサイバー諜報活動やサイバー攻撃・防衛を担っている精鋭部隊があり、サイバーセキュリティを支えている。

 イスラエルでは高校卒業後に兵役の義務があるが、優秀な上位1%のみが8200部隊に配属され、配属にはプログラミングや数学、ハッキング技術、語学などが優秀な成績である他にチームワーク、協調性、リーダーシップなど人間的な面でも評価される。8200部隊の出身者の多くはサイバーセキュリティだけでなく、最近ではAIの研究や開発にも注力しており、イスラエルには優秀なAIの研究者やエンジニア、データサイエンティストが多く、GoogleやFacebookなどアメリカや欧州の企業から引っ張りだこだ。

 イスラエルは「スタートアップネーション」を標榜しており、サイバーセキュリティ関連のスタートアップは多数あり、サイバーセキュリティではアメリカに次いで世界2位の市場規模だ。これからは、多くのAI関連のスタートアップの登場も期待されている。AI関連の優秀な人材が多いイスラエルではAIをサイバーセキュリティに次ぐ成長産業として育てていきたい。