台湾、自転車に11台のスマホを装着して「ポケモンGo」70歳男性

「ポケモンGo」操作のために自転車に11台のスマホ(EPA)

 2016年夏にリリースされて、世界規模でブームになっていた「ポケモンGo」。現在では、だいぶ下火になってきたが、台湾に住むChen San-yuan氏という70歳の男性は、孫から「ポケモンGo」を教えてもらってから、自転車にスマホを11台も装着して、ポケモン探しをしている。

夜にポケモン探しをするChen San-yuan氏(EPA)
夜にポケモン探しをするChen San-yuan氏(EPA)
自転車にスマホを装着して「ポケモンGo」をしているChen San-yuan氏(EPA)
自転車にスマホを装着して「ポケモンGo」をしているChen San-yuan氏(EPA)

「アルツハイマーの予防にもなると思う」

 自転車にはモバイルバッテリーも搭載し、スマホを充電しながらポケモン探しをしている。さすがに11台もスマホが装着されていることから、自転車で走りながらの操作はしないで、止まって、安全を確認してから操作している。

 台北では有名人のようで、台北は暑いので、夜に自転車でポケモン探しをしており、地元のメディア中天新聞、民視新聞なども報道。さらに英国BBCも報じて話題になっている。

 Chen San-yuan氏は毎月約14万円を「ポケモンGo」に課金。「まだ3台スマホがあるので、装着する予定。『ポケモンGo』で多くの人と繋がることができるのが楽しい。アルツハイマーの予防にもなると思う」と同氏は地元メディアのインタビューに笑顔で答えている。

▼Chen San-yuan氏を紹介する地元メディア(中天新聞)

▼Chen San-yuan氏を紹介する地元メディア(民視新聞)

▼Chen San-yuan氏を紹介する地元メディア(EXP.GG)