米国、オーストラリア「ポケモンGO」大人気で「歩きスマホ」事故やトラブルも増加

NYPD 19th PrecinctのTwitterより

「ポケモンGO」がアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどでリリースされて大人気だ。人気があり過ぎて、2016年7月12日には利用者が集中してサーバー障害が発生するほどだ。日本でももうすぐリリースされると報じられている。

「ポケモンGO」大人気で「歩きスマホ」も増加

「ポケモンGO」はユーザーが街でスマホのGPSとカメラを起動すると、カメラの画面に映った現実の世界にポケモンが現れる。そしてそれを画面上で捕まえて遊ぶゲームで他のユーザーと戦わせたりすることができる。ポケモンは日本だけでなく海外でも人気のキャラクターだ。屋外でスマホで遊べることも「ポケモンGO」の人気の1つで、場所によって出会えるキャラクターも異なるから、いろいろな場所に出向くと多くのキャラクターに会える。また遭遇したキャラクターの写真を撮影することもできるようで、Twitterには多くの写真がアップされている。ワイオミング州ではポケモンを探していた19歳の女性が川で遺体を発見してしまったことも話題になっている。

ニューヨーク警察Twitterより
ニューヨーク警察Twitterより
米道路交通安全局が注意をよびかけるTwitterより
米道路交通安全局が注意をよびかけるTwitterより

このように屋外で楽しめる「ポケモンGO」だが、屋外でスマホを見ながら遊ぶために、アメリカでもオーストラリアでも「歩きスマホ」による衝突や怪我などの事故が問題になっているようだ。

また運転中の「ポケモンGO」はもっと危険だ。アメリカではニューヨーク警察がTwitterで「君らを捕まえさせるようなことはしないでね」とポケモンのお馴染みのキャラクターのピカチュウと一緒の写真をアップして、運転中には「ポケモンGO」をやらないようにと注意を呼び掛けている。米道路交通安全局(NHTSA)でも同じようにTwitterで「運転中にはポケモンGOをやらないで!(Stay safe on the roads, don’t #PokemonGo and drive. #justdrive)」と訴えている。

オーストラリアでは民家への不法侵入も

またオーストラリアでは「ポケモンGO」での不法侵入も問題になっているようだ。以下に時事通信が報じている。

キャラクターは民家など私有地で見つかることも多い。西オーストラリア州警察は「『ポケモンを集めていた』は不法侵入の言い訳にならない」と警告した。

出典:時事通信

屋外でスマホの画面を見ながら、ゲームに夢中で他人の家の庭に入ってしまったのだろう。記事内にもあるが「ポケモンGO」が不法侵入の言い訳にはならない。明らかに犯罪だ。

リリース直後からアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで大人気の「ポケモンGO」だが、屋外で楽しめるというゲームの特徴から「歩きスマホ」での事故やトラブルの原因にもなっている。日本でもまもなくリリースされるようだが、「ポケモンGO」で事故やトラブルに巻き込まれないように注意したいものだ。