Uber、インドで相乗り「UberPool」をバンガロールで開始

インドのUberは2015年10月9日からバンガロールで乗合タクシー「UberPool」を開始した。Uberはスマートフォンのアプリで近くにいるタクシーを呼んで乗る配車サービスアプリである。従来は、1人または知っている者同士で1台のタクシーを利用していた。「UberPool」は同じ方向に向かう自動車に、知らぬ人々と乗って行く、いwゆる相乗りだ。その代り料金は35~40%安いとのことである。

■「相乗りだけど安心安全」のための新機能を追加

但し、インドでは2014年12月にデリーでUberに乗車した女性がレイプされて大きな社会問題になったことを忘れていない人が多い。そのため、Uberでは安心、安全の観点から乗車したくないという利用者の声を回避するために、「Help」ボタンをアプリに入れて、それを押下すると、Uberのセンターに繋がるようになっている。また運転手と利用者の電話番号を通じないで呼び出しと会話ができる仕組みもアプリに搭載した。

利用者はアプリで通常のUberと相乗りのUberPoolから選択ができる
利用者はアプリで通常のUberと相乗りのUberPoolから選択ができる

■インドでも競争激しい配車アプリ

Uberの相乗りサービスである「UberPool」は、インドでは初めてだが、アメリカ(サンフランシスコ、ニューヨーク、オースティン、ロサンゼルス)、フランス(パリ)では導入されており、それら都市での経験とアルゴリズムからインドでの導入にも自信を見せている。Uberがインドでの相乗り「UberPool」をバンガロールで開始したのは「バンガロールはIT企業が多く、スマートフォンでの配車や、Uberの利用に慣れている人が多いからだ」とUberインドのBhavik Rathod氏はコメントしている。

たしかにバンガロールはかつて「インドのシリコンバレー」と言われていた時期もあったが、現在ではインドの多くの都市にIT企業が存在しているので、バンガロールがITに強い都市というイメージはない。

インドでのUberのライバルであるOlaも同様の相乗りサービスを検討している。これからインドでは配車アプリでタクシーを呼ぶときは「相乗りだけど安い」と「安心だけど高い」の選択になるかもしれない。

そして「相乗りだけど、安全で安い」になればインドでも「UberPool」の利用は普及するだろう。

(バンガロールの街角。通勤時は渋滞)
(バンガロールの街角。通勤時は渋滞)