Uber、インド市場に10億ドル投資:求められているタクシー会社としての「信用とイメージの回復」

世界最大の配車アプリ企業Uberがインド市場において今後9か月間で10億ドルを投資すると報じられた。Uberは2013年にインドのバンガロールでサービスを開始してから、現在インド18都市でサービスを提供している。スマートフォンのアプリで車を手配(配車)できるサービスである。

インドでは現在Uberは1日に20万回乗車されているが、10億ドル投資することによって、1日の乗車数を100万回までに拡大していきたい。また2016年までにはドライバーを中心に20万人の雇用を創出していくとのことである。

インドにはソフトバンクが2014年10月に2億1,000万ドル出資した同業他社のOlaがある。そのOlaはUberが10億ドル投資することに対抗して、5億ドル調達に向けて動いていると報じられている。

インドには既存のタクシー会社もあり、さらに配車アプリによる自動車(タクシー)手配の台頭で、タクシー市場は非常に競争が激しくなってきている。

■喫緊の課題はデリーでのUberドライバーのよる女性暴行事件からの「信用とイメージの回復」

今回、Uberは競争が激しいインド市場に10億ドル投資して、サービスの拡大と利用者増加を図ろうとしている。しかし、現在のインドのUberにおいて一番求められているのは同社の「信用とイメージの回復」である。

2014年12月にUberのドライバーがデリーで25歳の女性を暴行して、ドライバーが逮捕され、デリー市内での営業禁止処分を命じられた。インドでは女性への暴行事件には非常にセンシティブである。特に2012年に起きたバスでの集団暴行事件をインド人はまだ忘れていない。Uberも交通機関での暴行事件であり、Uberに対しても市民らが抗議活動を行い、その様子はインド全国だけでなく世界中で報じられた。デリーでのUberドライバーによる暴行事件もインド人にとってはまだ記憶に新しい。

■Uberはタクシー会社

Uberは自社をIT企業と称しているが、インドだけでなく世界中の多くの人にとって、Uberは「タクシー会社、運送業」である。安心して乗車できないのであれば、誰も利用したいとは思わない。これからUberはインド市場に10億ドル投資して事業を拡大していくようだが、まずはインド市場において「Uberは誰もが、いつでも安心して乗車できるタクシー会社である」という信用とイメージの回復がなによりも重要である。