今年は「海の日」など3つの祝日が移動します。東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を前提にした「2021年限定」の特例です。ただこの祝日の移動が決まったのは昨年の11月27日。そのため紙の手帳やカレンダーには反映されていないものも多いとみられます。移動した祝日が1カ月後に迫っています。休日と平日どちらにせよ計画を立てるときなどに混乱しないよう、あらためて確認しておきましょう。

どんなふうに移動するの?

内閣府によると、移動する祝日は下記のとおりです。

7月19日(月)海の日 → 7月22日(オリンピック開会式前日)

8月11日(水)山の日 → 8月8日(オリンピック閉会式当日)

10月11日(月)スポーツの日 →7月23日(オリンピック開会式当日)

昨年11月27日、東京オリンピック開・閉会式に合わせて祝日を移動する改正特別措置法が成立し、移動が決定しました。目的は開・閉会式前後の交通混雑緩和等とされました。

7・8月のカレンダー

元々の日程では、7月17-19日が3連休でしたが、海の日が7月19日(月)から7月22日(木)に動くことで7月22-25日の4連休になります。また、8月11日(水)の山の日が8月8日(日)に移ります。その結果、8月9日(月)が振替休日となりますので、8月7-9日は3連休となります。オリンピックの開会式は7月23日、閉会式は8月8日に予定されていますので、「開会式の前日と閉会式の翌日は休み」と覚えておくといいでしょう。

オリンピック開会式・閉会式の予定日前後がお休みになります。
オリンピック開会式・閉会式の予定日前後がお休みになります。

9月・10月のカレンダー

元々の日程では、10月9-11日が3連休だったところ、10月11日(月)のスポーツの日が7月23日(金)に移動しますので、この週は通常の週末となります。

10月の3連休は無くなります。
10月の3連休は無くなります。

そもそもそれぞれどんな祝日?

祝日は「国民の祝日に関する法律」で定められています。

海の日とは、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを目的として1995年に制定された祝日です。当初は7月20日でしたが、2003年のハッピーマンデー制度により、7月の第3月曜日となりました。したがって、海の日は毎年土日とつながる3連休になります。

山の日は比較的新しい祝日で、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨として2014年に制定されました。一般的なお盆休みである8月13〜15日とつなげることや、8月12日では過去に航空機事故があった日でもあることから1日ずらしてはどうかといった議論があったようです。そういった経緯から、基本的には毎年同じ日となっています。

スポーツの日は、10月の第2月曜日です。1964年の東京オリンピックの開会式が10月10日であったことから、1966年に「体育の日」として制定されました。2000年に「10月の第2月曜日」に変更になり、2020年には呼び名が「スポーツの日」に変わっています。

まとめ

移動する日程は3日なのですが、いずれも3連休やお盆休みにかかる日だけに予定の変更が必要となった人もいるのではないでしょうか?SNS上でも「祝日が移動することに今気がつきました」「カレンダーを書き変えておこう。間違えて出勤しそうだ」といった声がみられます。元のカレンダーや手帳とは表記がずれることもあるので、予定を共有するときには念のため、祝日の移動を考慮しているかどうか確認をしましょう。

思い通りに外出できない日々が続きますが、みなさま、良いお休みをお過ごしください。

関連記事

昨年も祝日の移動が行われました。

【3連休以上が8回も!!】2020年の祝日・休日をカレンダーで一覧にしてみました