今年の年末年始、全国のATMが一斉にメンテナンス!その対策と、覚えておきたいこととは?

2019年12月31日~2020年1月4日にかけて、大規模なシステムメンテナンスがあります

一昔前までは、正月休みにはATMなどがすべて止まり、現金が引き出せないことは当たり前でした。しかし、数年前からお正月でも普段どおりとあまり変わらないサービスを提供する金融機関が増えてきて、そういった不便も少しづつ解消されてきていました。

しかし、今年は少々違います。

全国銀行協会が2019年12月31日23:52から、2020年1月4日3:05にかけて、ATMネットワークシステムのメンテナンスを行います。

年末年始(12/31(火)~1/4(土))における金融機関をつなぐATMネットワークシステムのメンテナンスに伴う留意点について

これにより、多くの金融機関のキャッシュカードが、取引金融機関以外での現金の引き出しや預け入れができなくなるほか、インターネットバンキングなどで振り込みをするときに受取人口座名義が表示されなくなります。

画像

「取引金融機関以外」での利用ができない、とは、たとえばA銀行のキャッシュカードを持っている場合、お金の引き出しをするのはA銀行しかできなくなる、ということです。

ただし、ゆうちょ銀行やコンビニATMは今回のシステムメンテナンスとは無関係なので、利用ができます。

それ以外に、細かな時間の制限がありますので、大手3行について、キャッシュカードごとにまとめました。

画像
画像
画像
画像

まとめると、「自行かコンビニかゆうちょなら使えるが、コンビニも一部休む時間帯がある」ということです。

都銀中心にまとめましたが、地方銀行やその他金融機関では独自のメンテナンスなどもありますので、ご利用の金融機関の情報をお調べください。

12/27、12/30は激混みします。準備はお早めに。

銀行の年内の通常営業日は2019年12月30日です。一方、12月27日を年内の最終営業日としている会社も多くあります。この12月27日、12月30日は銀行窓口が混み合うことはほぼ間違いありません。決まっている振り込みや、年末年始の現金の準備、お年玉用の新札を用意するなど、銀行の用事はなるべく12月26日までに済ませて起きましょう。

そして、年末年始を返上してシステムをメンテナンスしてくださる皆様。皆様のおかげで普段、便利に銀行が利用できています。ほんとうにありがとうございます。

[注釈]

※ 三菱UFJ銀行のお知らせ

※ 三井住友銀行のお知らせ

※ みずほ銀行のお知らせ

※ イーネットのお知らせ

※ セブン銀行のお知らせ

※ ゆうちょ銀行のお知らせ