「鬼滅の刃」ハッピーセット マクドナルド異例の“転売対策”は成功したか

都内のマクドナルド店頭で筆者撮影(3月5日)

 この週末、「マクドナルドがいつもより混んだいるなあ」と思った人は多かったかもしれません。

 全国のマクドナルドで3月5日(金)から、おもちゃ付きのミールセット「ハッピーセット」(税込470~500円)のおまけとして、「鬼滅の刃」のシール(5種類)が配布されたため、多くの鬼滅ファンが店舗を訪れました。

おまけのシール(マクドナルドの公式サイトより)
おまけのシール(マクドナルドの公式サイトより)

 鬼滅の刃は大人気コンテンツで、限定グッズなどは、高額転売のターゲットになりがちです。

今回のハッピーセットではマクドナルド側も、転売目的での大量購入を警戒しており、異例の対策を取っていました。転売目的で購入しないよう店頭やアプリで「転売はご遠慮ください」と大々的に呼び掛けてるなどしていたのです。

 そして、現在のところ、その対策は成功したと言えそうです。その理由を解説します。

マクドナルドによる転売対策とは?

 鬼滅の刃シール付きハッピーセット販売初日である5日、筆者が都内のマクドナルドを訪れると、店頭に「ハッピーセット『鬼滅の刃』に関するお知らせ」として、こんな掲示がありました。

 「多くのお子様にお届けするため、大量購入はお断りさせていただく場合がございます。また、ご購入いただいた商品の転売はご遠慮ください」

都内マクドナルド店頭の掲示より(筆者撮影)
都内マクドナルド店頭の掲示より(筆者撮影)

 また、マクドナルドの公式アプリを起動した際にも、トップメニューが表示される前に、同じ内容が大きな文字で表示されました。

 こういった注意喚起は、マクドナルドとしては異例のこと。それだけ、転売目的の大量購入を警戒していることが分かります。

 今回、顧客がハッピーセットを注文する際、シールの種類は選ぶことができませんが、種類は5つのみで、たまにしか出ない“レアシール”などはありませんでした。欲しいシールを手に入れたり、コンプリートするためのハードルを低めに設定することも、高額転売の抑止策の1つでは、と筆者は感じました。

転売対策は「成功」か

 鬼滅の刃シールは、転売市場ではどれぐらいの価格になっているのでしょうか?

 フリマアプリ「メルカリ」で、実際に購入された価格を見てみると、シール1セット300円前後が相場です。ハッピーセットの価格は税込470~500円ですから“原価”は割っており、高額転売ではない、と言えそうです(もちろん、ハッピーセットのメイン商品は、おまけではなく、ハンバーガーやポテトなどの食べ物ですが)。

ハッピーセット鬼滅カードのメルカリでの8日時点の取引相場(売れた商品のみ)。1セット300円前後だ。
ハッピーセット鬼滅カードのメルカリでの8日時点の取引相場(売れた商品のみ)。1セット300円前後だ。

 また、メルカリで商品を販売しても、額面そのままが売り手に入るわけではありません。手数料が1割引かれ、送料も別途かかります。

 シールを300円で販売した場合、手数料は30円、普通郵便で送るとして送料84円。約114円が引かれますから、売り手に入るのは、300ー114=186円。販売利益は200円を割っており、販売の手間を考えると「売ったら得する」とまでは言えない水準です。

 商品の説明文を見てみても、「かぶったシールを誰かに譲りたい」という人が多そうです。300円前後での出品が大量にあり、それより高額で出したところで売り手はつきませんから、高額転売は抑えられている状態です。

 8日時点で、鬼滅の刃シールは店舗によっては完売してしまったようですから、これからシールの“レア度”が増して、販売価格が高騰していく可能性は残っていますが、少なくとも現在のところは、マクドナルドの「転売対策」は有効に働いたと言えそうです