トナカイさんへ伝える話(11)傍聴レポート・被告人が「Xジェンダー」を自認

(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

加害者が自身を「Xジェンダー」と説明した性犯罪事件の公判があったので、傍聴レポートを書きたいと思います。

この記事は有料です。
トナカイさんへ伝える話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

トナカイさんへ伝える話のバックナンバー2020年7月サンプル記事

小川たまか

価格

550(記事4本)

2020年7月号の有料記事一覧

すべて見る

これまで、性犯罪の無罪判決、伊藤詩織さんの民事裁判、その他の性暴力事件、ジェンダー問題での炎上案件などを取材してきました。性暴力の被害者視点での問題提起や、最新の裁判傍聴情報など、無料公開では発信しづらい内容も更新していきます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

初の単著『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を』(タバブックス)発売中。ライターです。主に性暴力、働き方、教育などの取材・執筆をしています。カウンセラーではないので、ケアを受けていない方からの被害相談は基本的に対応できません。お仕事、講演のご依頼は、info.mapt7@gmail.com ※スタッフが対応します。NAVERまとめへの転載お断り。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。